山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

LINEでも仮想通貨決済が検討されている噂を検証。取扱い銘柄はビットコイン?

投稿日:

日本最大シェアのメッセージアプリのLINEが決済サービス「LINE Pay」の仮想通貨導入を検討しているようです。

 

LINE Pay(ラインペイ)とは?

LINEは既に加盟店で買い物したり、LINE上でつながっている友だちへの送金や割り勘機能を持つサービスLINE Pay(ラインペイ)のサービスを提供しています。

「LINE Pay」は、2014年12月に日本でサービス開始されて以降、グローバルにもサービスを拡大し、2017年2月には全世界1,000万登録ユーザーを達成しました。

さらに大きく成長を続け、2017年11月に、全世界4,000万登録ユーザーを突破いたしました。

特に成長が著しいのは日本・台湾・タイの3国です。

日本では圧倒的なシェアを誇っているイメージで、海外でどれくらい使われているのかのイメージがあまり沸かない方もいるようですが、

台湾においては「LINE Pay」はいくつかの指標においてNo.1モバイル決済サービスとなっており、

登録ユーザー数220万人ブランドカード発行枚数100万枚を記録し、日本と同じように台湾国内において前例のない規模にまで成長しております。

台湾の市場調査会社DataYogurtの調査によると、「LINE Pay」は、台湾ですべての年齢層において最も利用されているモバイル決済サービスです。

 

LINEの仮想通貨決済の検討の情報ソースは?

実はこちらは明らかになっていません。「複数の関係者が明らかにした。」としか記載されていません。

関係者によると、LINEは国内外の仮想通貨取引業者と、具体的な連携の方法などについて協議しているとの情報も記載されています。

また、LINEが仮想通貨取引所アップビットと連携し日本市場で事業参入するとの観測が浮上したのを受け、

9日の同社の株価は一時、13%高の5450円と2016年7月以来の上場来高値をつけました。

LINEサービスの中に仮想通貨を組み込むことでよりLINEの利便性を高め、使用頻度を上げる狙いがあるようです。

また、LINEは協議先の企業を明らかにしていませんが、一部メディアの報道によると、韓国の仮想通貨取引所「Upbit」と提携を行うのが濃厚とのことです。

Upbitは昨年10月に韓国にて開設された取引所で、日本のBitflyerやCoincheckと同じように大手取引所のポジションにいます。

アメリカ拠点の大手仮想通貨取引所Bittrex社との提携により120を超えるコインを取り扱っているのが特徴で、2017年12月には韓国で一番の取引量になったとも言われています。

 

LINE Payで取り扱いが予想される通貨銘柄は?

同じく中国で圧倒的なシェアを持っているWechatでは、NEMの決済をスタートし、価格が暴騰したという前例があるため、LINE Payで取り扱われる銘柄には注目が必要です。

LINE Payで取り扱いが予想される通貨銘柄を並べてみましょう。

ビットコイン(BTC)

大本命ビットコイン。こちらはおそらく取り扱いは間違いないとも言えるのではないでしょうか。

一部メディアでは、「仮想通貨」の取り扱いではなく、「ビットコイン」の取り扱いとも明記されていることもあります。

 

NEM(XEM)

LINEのライバルであるWechatがNEMを導入したこともあり、可能性としては他の銘柄よりも高いと考えられます。

また、ビットコインの弱点である送金時間と送金手数料の問題が解消できるため、選択肢としては十分にあるのではないでしょうか。

 

リップル/Ripple(XRP)

NEMと同じように、送金時間と送金手数料の問題が解消されており、仮想通貨時価総額ランキング2位でもあるリップルも選択肢に上げられます。

特に日本では銀行での利用がほぼ確定している状況ですので、送金システムに互換性を持たせるためにも利用する可能性は高いのではないでしょうか。

 

LINEの仮想通貨提携についてのまとめ

LINE Payの目指すところとして、下記の言葉が使われています。

「LINE Pay」は、お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。

将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。

日本においてまだ仮想通貨の決済は身近でないのが事実となるので、誰もが使っているLINEがサービスを広げ、今後の仮想通貨の可能性を広げてくれることを期待します。

また、LINEが仮想通貨取り扱い日と取扱銘柄を発表する時に備え、自分の予想する通貨はしっかりと買っておくのも良いでしょう。

 

取引手数料や取扱銘柄・セキュリティなどのトータル取引所ランキング

安心が一番!現物取引手数料が無料のBITPoint

BITPointは、取引所トラブルが目立つ仮想通貨市場の中で安心を一番大切にしている注目取引所となっています。

更に、現物取引手数料が無料や対応が丁寧なサポートセンターなど、ネットでの評判も良い取引所です。

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、リップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.