山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【7/19】ビットコイン反発で110万円台へ!上昇トレンドがまた始まる?

更新日:

今週、一時105万円を割っていたビットコインですが、昨日から大幅反発しました。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・ビットコイン大幅反発で上昇トレンド回帰なるか
一般的に節目である価格帯をブレイクした後に値が戻る現象を「ブル(ベア)トラップ」と呼びます。投資家の売りを誘って、逆の方向にトレンドが転換する現象のことを指します。

 ビットコインが安値圏から大幅反発

今週、一時105万円を割り込んでいたビットコインですが、18日の23時ごろから価格が大幅反発しました。

当ブログの予想通り、ビットコインは日足の雲に支えられ価格が反発する形となりました。

【7/17】ビットコイン暴落!仮想通貨市場は最重要局面へ

原因は不明ですが、23時から午前3時は金融市場ではニューヨークのマーケットが活発な時間帯なので、米国から買い注文が出たのかもしれません。

ビットコイン円 5分足 19日~

一般的に、節目である105万円を一時的にした抜け、そこから価格が急反発しているのは市場が強いシグナルです。

このまま120万円、130万円と上昇していけば、再び年初来高値を更新するシナリオも十分に考えられます。

ただし、まだ上昇してから時間が浅いので、相場の見極めは難しいところ。

まだ十分に安心できるとこまで価格は上昇していないので、引き続き神経節な相場展開が続きそうです。

 

上昇要因は中国関連の報道か

安値圏からの反発要因になった報道として、久しぶりに中国のニュースが挙げられています。

中国関連の仮想通貨ニュース2つを一気読み!財産権とリブラが注目!?

内容は中国における裁判でビットコインが財産権として認められたこと。

これまで中国においてこのような事例はなく、またビットコイン取引を規制している中国でこのような判決が出たのはポジティブサプライズでもあったでしょう。

今回の報道に関しては、これから発展していく長期的なテーマではありませんが、この判決をきっかけに中国の仮想通貨市場が変化していくかは折に触れて注目していきたいところ。

現在、米国で話題になっているフェイスブック「リブラ」ですが、リブラが中国とどう関わっていくのかも仮想通貨市場にとって将来大きなテーマとなるかもしれませんね。

 

まとめ

今週、一時105万円を割り込んでいたビットコインですが、18日の深夜から価格が急反発。

本稿執筆時点では110万円台を回復しており、引き続き今後数日間は価格動向を注視したいところです。

現状はまだ十分に価格が回復したとはいえませんが、底値圏からの急反発は基本的に強気シグナルにもなるので、再び価格が上昇していくことに期待したいところですね。

 

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.