仮想通貨ニュース

暴騰から1週間たつ仮想通貨市場・・・今後の展開を探る!

投稿日:

26日に「習近平発言」で暴騰した仮想通貨市場ですが、およそ1週間が経とうとしています。

暴騰から現在までの値動きと、ビットコインの今後の展開を考察しました。

要点

・油断は禁物?
ビットコインは先週の上昇により、200日移動平均線の突破には成功したものの、まだ油断できない状況が続いていると言えるでしょう。安心するためにはもう一回上昇が欲しい場面であるといえます。

 ビットコインはまだ安心できない?

既報の通り、ビットコインを筆頭に仮想通貨市場は26日に大幅上昇。

上昇に関してはこれまでに多くの報道が出ていますが、中国がデジタル通貨を発行することや、ブロックチェーン事業に力を入れることが要因とみる向きが多いです。

【速報10/26】ビットコイン一瞬で110万円に・・・何が起きたのか?

しかし、ビットコインは暴騰で一気に112万円の高値を記録した後、調整の動きが続いています。

ビットコイン円 日足 9月~

先週の上昇により、ビットコインは中長期的な指標となる200日移動平均線を突破しましたが、チャート形状的にはまだ完全に安心できる状況とは言えません。

本日の下落でも、200日移動平均線が位置する97万円がサポートとなりましたが、短期の移動平均線である50日移動平均線は、200日移動平均線の下にくぐったままなので、安心するにはもう一段上の上昇でゴールデンクロスさせたい場面です。

また、このまま次の上昇がなく仮に再度200日移動平均線を下抜けてしまった場合、チャート形状も弱気になってしまうので、引き続き同テクニカルには注目しておきたいですね。

 

今年の年末は価格が動くか

17年においては11月から12月に非常に強い上昇、昨年は11月に年初来安値が決壊し、12月には30万円まで価格が下落しました。

このように直近2年間においては、上下どちらかはおいといて、11月・12月は価格が大きく動く時期だったので、今年の値動きにも注目したいところです。

また、今回の中国は完全に新しい材料でしたが、年末の価格動向は来年の第一四半期(1月~3月)の材料も織り込み始めるので、引き続き何か新しい材料が出てくるかにも注目したいところ。

リブラは米国で揉めていますが、本来であれば20年初頭にローンチ予定だったので、米国の規制動向がどうなるか注目しておきたいです。

 

まとめ

ビットコインを筆頭に、26日に仮想通貨市場は全面高の展開となりました。

もうすぐ1週間が経とうとしていますが、暴騰後の仮想通貨市場は高値を更新することなく、いったんは調整のムードが漂っています。

ビットコインは先週の上昇により200日移動平均線の突破に成功しましたが、まだ完全に安心できるレベルではないので、引き続き200日移動平均線のサポートを注視しつつ価格動向を追っていきたいです。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.