山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【6/11】仮想通貨市場の年初来更新はあるか?直近に出た専門家の見解まとめ!

投稿日:

4月から5月と違い、6月の仮想通貨市場は年初来高値更新がなく、調整の動きが続いています。

直近に出た専門家の見解をまとめました。

要点

・専門家も苦戦?
中長期的には引き続き見通しが良いですが、短期的な相場に関しては専門家の中でも意見が別れています。「1万ドル」という重要な節目にさしかかっているのもあるようです。

 直近の相場に関する専門家の見解まとめ

ビットコインドル 4時間足 4月13日~

4月からノンストップで上昇してきた仮想通貨市場ですが、5月末に9000ドルの高値をつけてからは上昇に一服感が出ています。

現在のチャート形状から言えば、上下どちらのシナリオも考えられ、専門家の見解が分かれるのも納得できます。

 

今後は揉み合いになる予想も

ビットコインは今後74万円から84万円のレンジ相場に?2012年の類似性を指摘!

ノンストップだった相場が足踏みしているのでは「1万ドル」という重要な価格帯をもくぜんにしていることのが関係していそうです。

ビットコイン投資会社のアダマント・キャピタルは、現在の相場が12年に似ているとして、数カ月の間揉み合いが継続すると予想しています。

しかし、同社は調整が終わったあとは再び価格が年初来高値を更新していくと予想しています。

 

今後の値動きは「1万ドル」が鍵か

FOMO発動!ビットコインが100万円を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は、ビットコインが100万円(1万ドル)をこえれば、FOMOが発動し数カ月以内に400万円へムーンするとバイナンスのポッドキャストで語りました。

リー氏の指摘するように、現在は多くの投資家が注目する価格帯を目前にしているので、上がりずらくなっているという心理的な側面もあるでしょう。

仮に1万ドルをこえれば、さらに上昇する可能性があるので、今後近づいた際は注目の価格帯となります。

 

揉み合い続くも中長期的には依然強気

「ビットコインを買うなら今」!仮想通貨投資会社がレポートを報告!

アダマント・キャピタルが指摘するように、今後数カ月は揉み合いが続く可能性は十分にありますが、これらの専門家ももっと先のスパンでいえば強気です。

先日、仮想通貨投資会社グレイスケールは、半減期を目前にした現在のビットコインは「買い時」と指摘。

同社が指摘するように、ビットコインは来年に半減期を控えており、これから価格が上昇していくことが指摘されているので、まだまだ相場動向は注目となりそうです。

 

まとめ

4月からノンストップで上昇してきた仮想通貨市場ですが、6月に入ってからは揉み合いの展開が続いており、上昇に一服感が出ています。

アダマントキャピタルは向こう数カ月揉み合いが続くとレポートで報告しているので、レンジ相場になるシナリオは頭の片隅に入れておいた方が良さそうです。

ただし、いずれの専門家も調整が終われば再び価格が上昇していくと見る向きがほとんどなので、現時点では重要な価格帯を注視しつつ相場動向を見守るしかなさそうです。

 

 

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.