山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【10/15】今週の仮想通貨市場はどうなる?引き続きビットコインのサポートを意識した展開か

投稿日:

先週、急落した仮想通貨市場ですが、一旦下げ止まり。

ただ大きな反発はなく、引き続きビットコインのサポートを意識した展開が続いています。

今週の仮想通貨市場のポイントをまとめました。

要点

・市場が動く材料はあるのか?
11月に入れば、ビットコインETF、Bakktなど重要イベントが控えていますが、直近で大きな材料はないので新しいニュースにも期待したいところです。

 ビットコインの価格動向

ビットコイン円 日足

11日に急落した仮想通貨

市場でしたが、週末は下げ止まり。

取引量も減少しており、値動きが小さい展開が続いています。

仮に、今回も68万円付近でのサポートが有効だった場合、急落はしたものの結局はレンジ内の推移だったということに。

ビットコインは9月5日からこの動きが続いているので、すでに40日程度レンジ相場が続いていることになります。

レンジ推移は価格が安定しているという意味では悪いことではないですが、取引量が少なくなり値動きが細くなるのはネガティブです。

XRPやビットコインキャッシュなどは9月下旬に大きな上昇をしましたが、ビットコインのレンジ相場が続いているのでアルトコインも各通貨のレンジで推移しているのがほとんどです。

今週以降は、ビットコインの重要な価格がサポートされ、再び価格が上昇していくのかに注目でしょう。

 

今週の注目材料

相場の材料とししては、引き続きビットコインETFの動向、Bakktの動向、各国の仮想通貨規制などに注目でしょう。

11月中に決定!?SECが9つのETF一般意見書を11月5日に変更!混乱するビットコインETF復習!

しかし、10月に限っての話でいえば、あまり材料がなく相場が動きづらい状況でもあります。

以前、デジタル資産顧問エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社が発表したレポートにも規制の不明瞭感がボラテリティー(変動率)を下げているとの分析がされていました。

なので、今週以降も規制動向(ETFを含む)やその他の新しい材料のニュースにも期待したいところです。

また、下落材料としては、先週の急落を招いたと指摘される「ビットフィネックス・テザー問題」「世界の株式市場の動向」にも注目です。

特に、ビットフィネックスとテザー社の問題は進展があればさらに価格が下落してしまう可能性があるので注意でしょう。

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

 

まとめ

ビットフィネックスとテザー社の問題が意識されるうちは、相場の下値リスクはまだ高いとも言えそうです。

なので、今週はビットコイン65万円~68万円がサポートされるかが最重要ポイントとなりそうです。

しかし、今回もサポートされれば、結局はレンジ相場で再び価格が上昇していく可能性も考えられます。

11月に入ればビットコインETF、Bakktの先物リリースなど大きなイベントが控えているので、上記の材料に注目しながら再び相場が浮上していけるかに注目したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.