山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

Quoine栢森社長「ビットコインは過去最高値更新」来年は仮想通貨第2章開幕!?

投稿日:

国内仮想通貨取引所Liquidを運営するQuoine栢森社長がブルームバーグのインタビューに応えました。

同氏は来年が再び仮想通貨市場が盛り上がるとコメント、ビットコインは過去最高値に達すると発言しています。

要点

・仮想通貨第2章開幕!?
栢森社長は、金融庁が来年以降、新たな取引所の認可や仮想通貨の上場も認めるとコメントし、業界が再び盛り上がると見込んでいるようです。

2019年は仮想通貨第2章開幕か!?

栢森社長はブルームバーグのインタビューに、全編英語で応えました。

①相場の底は近い
②来年は金融庁が新たな取引所や仮想通貨の上場を認可
③それに伴いビットコインは過去最高値を更新

栢森社長は、来年の仮想通貨市場について強気の見解を述べました。

まず、注目なのは直近のマイニング業者の廃業。

最近は価格の低迷に伴い、マイニング業者の廃業が話題になっていますが、これは相場が底になるとコメント。

一見ネガティブなニュースですが、栢森社長は経済が均衡になるグッドニュースとして捉えているようです。

また、来年は金融庁が新たな取引所の上場や、仮想通貨の上場も認可する年になると発言。

再び仮想通貨市場が盛り上がり、ビットコインは過去最高値を更新するとの見解を示しました。

来年はコインベースのサービス開始も予定されていますが、新たな仮想通貨が上場するのは楽しみですね。

国内の業界動向については、今年出た業務改善も完了しており、2019年は新たなスタートになる年だとコメントしています。

ビットコインが過去最高値を更新するかはさておき、国内の業界の第一線に立つ栢森社長の発言は説得力がありますね。

 

仮想通貨市場は2019年に新たなスタートを切れるか

今年は、振り返ってみれば仮想通貨の価格低迷、ハッキングなど、仮想通貨市場・業界にとって苦難の年だったのは間違いありません。

しかし、来年以降、再び市場が盛り上がっていくとみている専門家も多いです。

今年は年末だけではなく年明けも激熱期間か!?相場が上昇する重要材料を解説!

特に、年明け3カ月はBakkt、Fidelity、ナスダックのビットコイン先物上場、ビットコインETFと重要なイベントが多く控えています。

これらに共通して言えるのは、規制の明確化と新たな資金流入

上記に挙げた材料の動向がどうなるかはわかりませんが、2019年は栢森社長のいうように仮想通貨の第2章が始まる年にしたいものです。

 

まとめ

今年は仮想通貨規制がずっと議論されてきた年でしたが、それは「議論」の段階にとどまりまだ世界的に具体的な規制は実施されていないのが現状なので、来年以降も規制関連のニュースは注目です。

特に、ETFや先物、既存の金融機関の参入などは、市場の資金流入の呼び水にもなるので注目でしょう。

先日はG20で世界的な仮想通貨規制も発表されたばかりなので、このままの勢いで栢森社長のいうように、2019年が仮想通貨にとって新たなスタートとなる年になることを期待したいですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.