山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインETFへネガティブなコメント!4月5日の審査はどうなる?

投稿日:

現在、SECが審査を進めているビットコインETFですが、パブリックコメントにネガティブな意見が寄せられているようです。

SECが13日に公表した文書で明らかになりました。

要点

・4月5日に控える可否判断
上場最有力といわれているVanEck社のETFへ可否判断締め切りが4月5日に迫っています。ただし、市場は延期されるという見方が大半を占めているようです。

 パブリックコメントは否定的な意見多く

SECが公表したデータによると、応募していたパブリックコメントの中には否定的な意見が目立ったとのこと。

また、応募件数も昨年8月の1400件からわずか7件と激減していることがわかります。

ただし、このコメントがSECの審査にどこまで影響を及ぼすかは不明瞭で、今のところ市場への影響は出ていません。

また、多くの専門家や投資家は4月の可否判断は延期されるという意見が大半なので、その点でも今回の発表はさほど気にすることはないでしょう。

 

ETFの動向はどうなる?

上記のパブリックコメントは、上場最有力とされるVanEck社のETFです。

4月にETF上場!?最有力候補VanEck版ETFの審査が20日より開始!

すでに述べた通り、現在は再び延期されるという見方が大半を占めていますが、これから発表される審査結果次第では市場が動く可能性があるので注目となるでしょう。

可否判断の締め切りは4月5日となっていますが、これまでの経緯を踏まえると、今週から来週にも発表される可能性があるので注目です。

また、これまでの報道をみると、SECの役員側の発言も以前と比べて前向きになってきており、申請企業であるVanEck社の役員も強気の見解を示しています。

【急騰要因】ビットコインETF承認確定!?SEC長官の文章がリーク!

先日もSEC長官ジェイ・クリントン氏がCNBCに出演し、未だにビットコインには懸念が残るとコメントしたものの、(SECの要求を満たす)ETFが今後上場される可能性はあるとも発言しており、前向きな見解を示しました。

 

まとめ

SECが公式に発表した文書によれば、現在公募しているパブリックコメントに否定的な見解が多かったとのこと。

また、コメントの件数も昨年8月時点の1400から7件と激減していることがわかります。

上場最有力とされる4月5日の可否判断は、ひとまずは延期されるという見方が大半を占めていますが、審査結果が発表された際は相場が動く可能性も考えられるので、今後の動向は引き続き注目です。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.