山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

4月にETF上場!?最有力候補VanEck版ETFの審査が20日より開始!

投稿日:

SEC(米証券取引委員会)は20日、VanEck版ETFの審査を20日より開始すると発表しました。

上場最有力候補と言われるETFの動向に関して注目が集まりそうです。

要点

・VanEck版ETF
ビットコインの現物を担保することで、価格操作を防ぐことができるとされるVanEck版ETF。専門家からは「上場最有力」とされ、実現した場合、市場への影響度も高いとされています。

 VanEck版ETFが20日より審査開始!締め切りは4月5日に

(参照元:https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/20/2019-02732/self-regulatory-organizations-proposed-rule-changes-cboe-bzx-exchange-inc)

SECは公式サイトにて、VanEck版ETFの審査を20日から開始することを発表。

今後の注目ポイントは下記になります。

①最初の可否判断締め切りは4月5日・それまでに結果が通知される可能性も
②3月から4月の間に思惑で相場が動くか注目
③審査はさらに45日延期される可能性アリ

まず、最初の可否判断締め切りは、4月5日(SECの45日ルール)となったので、それまでに相場がどう動くか注目となるでしょう。

関連する報道(例えば承認へ向けて前向きな報道など)によって相場が上下する可能性もあるので、しばらくの間は「ETF相場」となりそうです。

注意点として「4月5日」はあくまでSECのルール上の最終締め切りなので、その前に結果が通知されることもあります。

また、SECはさらに45日の審査期間を設けることができるので、4月5日までに必ず審査結果が出るわけではありません。

 

直近ではETFに関し前向きな報道多く

昨年秋から今まで、米政府機関閉鎖もありETF動向は注目を浴びていませんでしたが、水面下で状況が改善していることが伺えます。

先週は、CFTC(米先物取引委員会)とSECヘスター・ピアース氏が異例の対談。

「価格操作のリスク低い」CFTCとSEC役員が異例の対談!ETFは再審査開始へ!

CFTCブライアン氏は、SECが懸念する価格操作などは、技術的に解決できるとの見解を示しています。

また、11日には米投資顧問Edelman Financial EnginesのCEO、リック・エデルマン氏がCNBCに出演。

ビットコインETFは「ほぼ確実」!米投資顧問CEOが語る理由とは?

エデルマン氏もブライアン氏同様、ETFに関する問題は技術的に解決できるとコメント。

それにより、ETF実現は確実で、問題はすでに「いつ実現するか」のフェーズに移っていると述べています。

直近でこのような専門家の前向きな見解が報道されているため、次のVanEck社の可否判断はひとまず大きな注目を浴びそうです。

 

まとめ

SECは20日、公式にVanEck版ETFの審査を20日から始めることを発表。

これにより、最初の可否判断締め切りは4月5日となりました。

直近では専門家からも多く前向きな見解が聞かれるので、このままETFが実現し価格が上昇するのに期待したいところですね。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

上記記事のように、これからETFが実現する可能性は高く、それに伴い価格上昇にも大いに期待できます。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.