仮想通貨ニュース

大投資家バフェット氏の片腕・マンガー氏「ビットコインは保有しない」と明言/「仮想通貨は金や銀より人気」オーストラリア人投資家アンケートにて

投稿日:

大投資家バフェット氏の片腕・マンガー氏「ビットコインは保有しない」と明言

要点

・著名投資家バフェット氏の相棒、マンガー氏が「今の株式市場はバブル状態、ひどい終わり方になる」と警鐘

・「BTCは保有するつもりはない。振れ幅が大きすぎるため世界の交換媒体にはならないだろう」と明言

世界的投資家ウォーレン・バフェット氏の相棒が

「ビットコイン投資はしない」

とコメントしました。

 

米投資会社バークシャー・ハザウェイの副会長であり
世界的投資家ウォーレン・バフェット氏の右腕である
チャーリー・マンガー氏(97)が
現在の株式市場にバブルの兆候が見られると
警鐘を鳴らしました。

最近発生した
ゲーム小売・ゲームストップ急騰事件を例に挙げて

「株式のギャンブルを助長する風潮はまったく愚かしい」

と批判しています。

現在の相場が90年代後半のITバブルと
同じ運命をたどるのかとの質問には

「そう思う。
ひどい終わり方になるだろう。
が、それがいつ来るは分からない」

と答えました。

急騰した仮想通貨のビットコインについて、
マンガー氏は
保有するつもりはないと明言しています。

「ビットコインは振れが大きすぎるため、世界の交換媒体にはならないと思う」

「投資家は、ビットコインまたは金を買わないことを勧める」

と指摘しました。

 

■ネットの反応

世界市場において強い影響力のあるマンガー氏の警告は、

投資家の間で賛否別れているようです。

素直に耳を傾けるべきとする声や、やや外した分析であるとの声が

SNSでは散見されました。

 

「仮想通貨は金や銀より人気」オーストラリア人投資家アンケートにて

要点

・オーストラリア人投資家を対象に金融商品のアンケートを実施

・アンケートでは、仮想通貨の人気は金や銀より高い結果となった

オーストラリア仮想通貨取引所BTCマーケッツが
2000人以上の現地投資家を対象にした調査を行ったところ、
仮想通貨は金や銀より人気の投資対象という結果が出ました。

オーストラリア人投資家の12.6%が
ビットコインなどの仮想通貨を保有しているのに対し、
貴金属を保有しているのは12.1%ほどでした。

しかし、投資家の間ではまだまだ
株式投資が圧倒的です。
株式を直接保有する投資家は、
63.6%にも達しました。
次いで人気が高いのは不動産投資(25.8%)です。

オーストラリアの仮想通貨投資家は
ほとんどがビットコインとイーサリアムの
2つを柱にしています。
83.2%がビットコイン、
42%がイーサリアム、
リップルが28.5%、
ライトコインが18%、
ビットコインキャッシュが12%
という保有率になっています。

調査によると、仮想通貨投資家の

約3分の1が2020年3月の新型コロナウィルスによる

暴落直後のタイミングで最初の投資を行った模様です。

 

今回の記事のまとめ

■『大投資家バフェット氏の片腕・マンガー氏「ビットコインは保有しない」と明言』について

・マンガー氏「今の株式相場はバブル状態。早晩ひどい終わり方になるだろう」と分析

・「仮想通貨は世界の交換媒体にはならない」と見做して、ビットコインは保有せず

■『「仮想通貨は金や銀より人気」オーストラリア人投資家アンケートにて』について

・オーストラリア人投資家の間で仮想通貨人気が貴金属を超えて上昇

・なかでもビットコインとイーサリアムが強い支持を得ている模様

 

影響力のある大手機関投資家や大口投資家のネガティブ発言に

市場は振り回されがちです。

株式相場のバブル崩壊を示唆して、ビットコインの危うさを説く

マンガー氏のコメントで少なくない投資家が弱気を見せるでしょう。

ビットコインの資産価値を信頼している投資家の皆さんも

頭の片隅でマンガー氏の指摘を意識しておくと良いと思います。

 

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.