山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

NEMが20%の上昇!coincehckの返金が価格を後押し?今後の動向も考察

投稿日:

 

NEMが12日から14日までに20%の価格上昇をしています。

価格上昇の大きなの要因はコインチェックのNEM返金でしょう。

 

コインチェックのNEM返金補償について

このブログでもお伝えしていましたが、コインチェックはNEMハッキング事件で被害を受けた約580億円の返金補償を実施しました。

具体的には、12日に記者会見を行い、返金保証を当日に行うと同時に発表しました。その時のネムの価格は約40円近辺です。ネムの価格が上昇を開始したのが12日17時なので、今回のネムの価格上昇はほぼ間違えなく、コインチェックの返金補償が要因だといえるでしょう。

 

NEM保有者にとっては結果オーライだった?

事前に発表されていた補償レートはハッキング事件が起きたころのレートで約88円です。12日時点のレートは約40円なので、これを考えれば保有者にとって得だったといえます。

NEMはハッキング当時のレートを考えると、半分の価格になっているので、そのまま保有していたらどのみち損をしていたからです。

また、ハッキング事件後からNEMの価格は下落しています。なので、「本当にNEMが事件当時のレートで補償されるのか?」といった不安もありましたが、実際には発表レートで補償されたので、保有者はひとまず安心したようです。

 

そもそも価格下落はNEMそのものを否定するものではない

NEMは1月から3月まで価格の下落が続いていました。しかし、それはNEM自体の問題ではありません。考えられるのは2つの要因です。

 

仮想通貨市場全体が軟調な推移をしていたこと

1月から今月までビットコインを筆頭に価格の下落が続いています。主な原因はG20の規制の思惑でしょう。そのため、NEMもつられて価格が下落しています。つまり、ハッキング事件があってもなくても、どのみちNEMは下落していたということです。

 

当時のレートで補償されるのかという投資家の不安感

仮想通貨市場は全体に価格が下落していましたが、その中でもNEMの価格の下落は大きかったです。上でも説明しましたが、それは「ちゃんと補償されるのか」という投資家の不安感からでした。

 

NEMそのものに欠陥があったわけではない

上の2つの要因は、NEMそのものを否定するものではありません。例えば、NEMのブロックチェーンに大きな欠落があり価格が下落したのなら話は別ですが、今回の価格下落はいわばNEM以外の「外部要因」です。

12日からの価格上昇は外部要因であった②が解決されたことで、投資家心理が改善されたといえるでしょう。さらに、①も解決すればNEMの価格はさらに上昇するということです。

 

ハッキング事件から補償まで~コインチェックとNEMの今後~

コインチェックは今後もセキュリティーの強化や業務改善をし、事業は継続していくと発表しています。580億円のハッキングを受けたにも関わらず、ちゃんと補償をし事業も継続するのは考えようによってはポジティブなニュースです。

また、取引所リスクやハッキングリスクを考える上でも良い機会になったと思います。

NEM今後の動向としては「カタパルト」という大型アップデートが2018年中に行われるという噂があります。カタパルトを実装するとNEMの送金スピードがVISA並みに早くなることが公式ホームページで発表されています。

このように、ハッキングを受けたのはネガティブな事件でしたが、NEMの将来性がなくなったわけでは決してありません。むしろ、今はNEMを安く買えるチャンスともいえます。

今後も、コインチェックの事業再開とNEMのカタパルトは今後も大きく期待できそうです。

 

ネムを取引できる取引所

ネムを取引するのであれば、完全にDMM Bitcoin一択でしょう。

なぜなら、ネムのレバレッジ取引ができるからです。

これは国内の取引所では唯一、DMM Bitcoinだけとなっています。

レバレッジ倍率は最大5倍です。また、ライトコインやリップルといったその他のアルトコインのレバレッジ取引もできます。

 

 

また、DMM Bitcoinはスマホ画面の見やすさも評判があり、スマホアプリの使いやすさは国内取引所No.1といってもよいと思います。

 

 

もともと、DMMのFX口座は60万口座が開設され、国内第一位の業者として有名です。

その大御所が仮想通貨界にも参入してきたのは大きな話題となっています。

NEMはカタパルトを控え、まだまだ価格上昇の可能性があります。

忘れないうちに口座開設をしてレバレッジ取引で機会損失しないようにしましょう。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.