山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

リップル(XRP)中国進出目前か?中国金融企業は既にxCurrent導入!

投稿日:

中国の銀行やペイメント企業は既にリップル社の技術、xCurrentを導入

リップル(XRP)は、世界的に有名なった仮想通貨の1つです。

2017年12月の最後の週と2018年1月の第1週には、リップルのXRPは約30000%の増加率を示し、他の仮想通貨も急騰し、それぞれが高い価値を持っていましたが、その後、すべての仮想通貨が大きく落ち込んでしまいました。

しかし、リップル(XRP)は「通貨」としての存在だけではなく、支払い処理を円滑にするプラットフォームとしても機能するという大きなアドバンテージを有しており、

他の仮想通貨と比較した時に、確固たる優位性を持っている事を再認識することが出来ます。

既に様々な送金会社、金融機関、銀行がクロスボーダー取引の為にRippleのプラットフォームであるRipple Netに参加しており、その数は既に100以上になっています。

そしてリップルが進出を目指している中国は、世界最大の人口を有する国ですが、仮想通貨に対しては非常に厳しい国となっています。

2017年11月、中国政府はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の禁止を発表した。このICOの禁止は、中国内の仮想通貨市場に対する致命的な打撃となりました。

しかし、中国の銀行、規制当局、支払い業者は、クロスボーダー取引を容易にするためにRippleのブロックチェーンを活用する予定であるという報告があります。

中国はそのリップルのxCurrentを使用して、国内の支払い環境を改善する予定であり、このxCurrentの使用により、中国の金融機関が国境を越えた取引を数秒で完了する事が可能となります。

 

リップル社による中国送金革命

現在は、中国の金融機関が支払いを決済するのに数日かかる従来の送金方法を使用していることに対する特効薬としてリップル(XRP)の活躍が期待されています。

リップル社のxCurrentを使用すると、中国内の様々な企業に対する革命としてポジティブな影響を及ぼすと思われます。

RippleのCEO ガーリングハウス氏は声明で、「2018年末までに中国におけるブロックチェーンを拡大する計画がある」と述べました。

リップルの役員は今年、「リップル(XRP)に関して中国に関する良い発表を多く目にする機会が増えるだろう」と語っており、多くのニュースを届け続けられる事がリップル(XRP)と他の仮想通貨を区別する事に繋がると述べています。

中国は仮想通貨に対して強い規制を行っていますが、その中でもリップル(XRP)は中国内で成長を続けられている唯一の仮想通貨と言っても過言ではありません。

ここで、リップルが中国に対して浸透する事が出来るか?という疑問が生じます。

この質問に対する答えは、RippleのCEO ガーリングハウス氏から回答が出ています。ガーリングハウス氏曰く中国進出は目前に迫っており、不可能ではないと語っており、

実際にAmazonの中国版といえるAlibabaと提携する事が出来れば、リップル(XRP)が中国内での存在を確立する事が出来ます。

 

まとめ

世界で最も人口の多い中国は絶好の市場として様々な分野のマーケットから目をつけられていますが、仮想通貨においては「規制」という大きな壁があります。

その中でもリップル(XRP)は通貨としてだけではなく、確かな技術によって中国市場を独占する事が出来るかもしれません。

一時期は落ち込んでいたリップル(XRP)も、着実に復活の方向へと向かっています。

仮想通貨業界は落ち込む事が増えてきていますが、リップル(XRP)に関しては下げ幅も比較的落ち着いており、他の通貨に比べ早めに復活する傾向があります。

リップル(XRP)にとってプラス方向になるニュースも定期的に発信されている為、

安定しており将来性も期待出来るリップル(XRP)が現在の仮想通貨市場内において優れていると言えるでしょう。

 

今後、リップル(XRP)の取引するならどの取引所?

リップル(XRP)や仮想通貨の取引を考えているなら、DMM Bitcoinを強くオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、レバレッジ取引を出来る唯一の取引所だからです。

レバレッジ取引が可能なアルトコインは7種類。

 

レバレッジ率は最大5倍となっています。

仮想通貨が話題になっているのに、手を出せなかった人には待ち望まれていた取引所とも言えます。

そして、DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは見やすくて操作も簡単なので非常に評判が良いです。

 

さらに、各種手数料はレバレッジ手数料を除き無料となっています。

 

何か分からない事疑問があったとしても、すぐに問い合わせる事が可能な365日24時間サポート完備

LINEでの問い合わせにも対応しており、

取引初心者の方から上級者の方まで幅広い人にオススメ出来る取引所です。

 

コインチェックから取引所を移動する人が増加することが予想されます。

出遅れてしまうと、口座開設に時間が掛かってしまう為、早めの行動を心がけましょう!

早めに口座開設しておく事をオススメします!

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.