山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)を超えられる!専門家5人の発言まとめ

投稿日:

 

 

米最大手経済雑誌Forbesが仮想通貨の専門家達に「今リップル(XRP)に、投資するべきなのか?」をインタビューで聞きました。

仮想通貨業界の専門家は「次に大幅な成長を遂げるのはBitcoinではなく、Ripple(XRP)である」と見解を述べています。

専門家による予測のうち、1つの予測は「リップル(XRP)は現在、1ドル未満の低価格である為、ビットコインよりも大きな利益を得られる期待値が高い」ということです。

リップル社は既に新たな一歩を踏み出している

 

 

ビットコイン(BTC)は既に10,000ドル前後で取引されているので、ビットコイン(BTC)が大幅に値上げをするには、リップル(XRP)よりも多くの流入現金が必要になる為、将来的に大きな利益を出したいのであればリップル(XRP)が良いという見解のようです。

Rippleによって高速で安定した取引、手数料の軽減によって金融機関はデジタル通貨を利用しやすくなり、結果として既に提携先の金融機関は計100以上になっています。

CryptomapsのCraig Cole氏によると「XRPが衰える事なく、着実に成長出来ているのは上記の理由がある為」と語っています。

2017年の今頃は、リップル(XRP)がわずか0.006ドル(0.6円)で取引されていましたが、現在の水準から考えると約14300%以上上昇した事になります。

これほどの成長を見届けた後では「これ以上値上がりはしないんじゃないの?」という疑問を持っている人も少なくはありません。

そこで、仮想通貨に対して専門的な知識や実績を持っている人たちの意見を見てみましょう。

 

仮想通貨専門家達の意見

投資市場での実績を重ねてきた人達のリップル(XRP)に対する発言をまとめました。

 

Cryptmaps Craig Cole氏

リップルは、仮想通貨の主人公のような立場になるかもしれません。リップル(XRP)は着実に成長を遂げており、ビットコインが絶対的存在だった市場を変える最初のトークンになる可能性があります。

もしそうならば、XRPは近い将来、Bitcoinと同じレベルに達する事になるでしょう。

 

Long Island(ロングアイランド)大学副所長 John-Paul McCaffrey氏

「現在、リップル(XRP)を法定通貨に替えられるプラットフォームは用意されていませんが、私たちが考えているよりずっと早く実現されるでしょう。

と述べ、Coinbaseが2018年中にリップル(XRP)やその他アルトコインを追加する可能性を示唆しました。

 

 

Pinnacle Brillianceのオペレーション担当ディレクター、Roman Guelfi-Gibbs氏

リップルが2018年中に大きく成長する可能性は確かに高いですが、2019年により大きな成功を遂げる可能性の方が高いと思います。

市場は今、XRPやETHなどのアルゴリズムを適用させる為のプロジェクトが増えていますが、市場がこの状況に慣れる為にはまだ少し時間が掛かると思っています。

その為、2018年ではなく、2019年にXRPが大きな変化を遂げる可能性の方が高いと私は予測しています。

2018年にも成長の機会はあると考えているようですが、より確実に成長するのは2019年だと予測している様です。

こういった発言を見ると、2018年の動きも楽しみですが、2019年中にXRPがどのような成長を遂げるのかが楽しみです。

 

Global BlockChain Technologies代表取締役 Shidan Gouran氏

時価総額上位3つの仮想通貨(BTC.ETH,XRP)が占有率を分散する事がXRPの成長に繋がります。

XRPは消費者の意欲を高める必要があり、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同じ様に法定通貨で購入出来るアクセスのし易さが求められていると考えています。

と述べました。

今後、ビットコインやイーサリアムと並んで法定通貨でリップル(XRP)が購入出来るようになった場合、購入のし易さからリップル(XRP)を買う人が増え、

リップル(XRP)の時価総額が他の上位二つに近づく事になり、結果として値上がりをするという考えの様です。

現時点で、リップル社は100を超える企業と提携をしている事もあり、法定通貨でのXRP購入も遠い未来の話ではなさそうです。

 

Ripple社CEO Brad Garlinghouse氏

Brad Garlinghouse氏は、CNBCとのインタビューで、「仮想通貨業界が規制当局と協力して先行する必要がある」と述べました。

「仮想通貨に関する業界全体が規制当局と協力しなければならないと認識していることは非常に重要です。ブロックチェーンの革命は、規制という枠組みの中から起こすべきです。定められた範囲外から起こすべきではありません。」

リップル社の戦略は、透明性が高く、あくまでも規制という流れに対して逆らわずに着々と成長を遂げています。

世界的に仮想通貨に対して規制が強まっている中でも、リップル社の意欲的な提携や活動により、全体的に落ち込んでいる仮想通貨市場の中でもXRPは比較的落ち着いています。

参考記事(https://www.newsbtc.com/2018/03/08/will-ripple-be-bigger-the-bitcoin-experts-say-yes/)

 

まとめ

今回分かった事は、実績を持っている専門家達が口を揃えてリップル(XRP)に対して前向きな発言をしているという事です。

専門家達からネガティブな発言が一切ないというのは、如何にリップル(XRP)の将来性があるのかというのを物語っています。

最近は様々なニュースにより仮想通貨市場全体が落ち込んでいましたが、3月11日から反発の動きが活発化しています。

この流れに乗り遅れる事が無い様にご注意ください。

 

リップル(Ripple/XRP)をオトクに取引するならどの取引所?

リップル(Ripple/XRP)の取引を考えているなら、DMM Bitcoinを強くオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、レバレッジ取引を出来る唯一の取引所だからです。

レバレッジ取引が可能なアルトコインは7種類。その中には当然リップル(XRP)も含まれています。

 

レバレッジ率は最大5倍となっています。

仮想通貨が話題になっているのに、手を出せなかった人には待ち望まれていた取引所とも言えます。

そして、DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは見やすくて操作も簡単なので非常に評判が良いです。

 

さらに、各種手数料はレバレッジ手数料を除き無料となっています。

 

何か分からない事疑問があったとしても、すぐに問い合わせる事が可能な365日24時間サポート完備

LINEでの問い合わせにも対応しており、

取引初心者の方から上級者の方まで幅広い人にオススメ出来る取引所です。

 

仮想通貨市場に多くの人が参入すればするほど口座開設に時間がかかる可能性があります。

早めに口座開設をしておく事によって、市場が盛り上がった時に出遅れるという事態が無くなります。

市場が活気を取り戻し始めてる今こそ、口座開設しておく事をオススメします!

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.