山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

注目のリップルニュースまとめ:リップルの送金スピードが1秒に?「Cobalt」とは

投稿日:2018年4月27日 更新日:

リップルが早々に100円の大台を超えていく理由

リップルの大きなニュースといえば、サンタンデール銀行の送金サービスの開始です。

なぜなら、銀行がブロックチェーンを使ったのは世界初だからです。

その送金サービスに使われたのはリップルブロックチェーンです。

また、リップルに関するニュースにはいつもリップル重役の強気な発言が目立ちます。

その理由はなんでしょうか?

 

次世代プロトル「コバルト(Cobalt)」とは

リップル社の強気なコメントの背景にはリップルがもつ確実な技術と、実績があります。

3月27日には「コバルト(Cobalt)」というアルゴリズムを発表しました。

これは、リップルの送金スピードが3~4秒なのを、最終的に1秒で送金するのを可能にします。

この発表は投資家だけにとどまらず、金融機関からも注目されており、XRPの価格上昇の要因だといわれています。

専門家によると、これらの要因はリップルの価格を早々に100円の大台に乗せるとのことです。

参照元:https://oracletimes.com/ripple-xrp-everything-comes-after-cobalt-including-1-second-transmissions/

 

リップルが第一四半期のレポートを発表!

リップル社が4月25日に第一四半期のレポートを公表しました。

このレポートでは、リップル社がもともと保有しているXRPの売却状況などが公表されています。

 

約186億円分相当のXRPを市場に売却

リップル社はXRPのマーケットの流動性を保つのに、自社でXRPを保有しています。

そして、現在は月に10億XRPを売ることが決められています

2018年1月から3月のXRP売却分は186億円相当にのぼることがレポートで判明しました。

186億円と聞くと、額が大きいですが、世界の取引高17.4兆円を考えると全体の0.095%の額です。

 

価格が下落した中前期と比べると成長が伺える

今年の1月から3月までは仮想通貨市場全体にとって厳しい期間であり、リップルも例外ではありませんでした。

しかし、価格が下落していた中でもリップルの強さは数字に表れています

リップルの価格は、昨年12月11日と今年3月31日を比べたら実は倍の価格になっています。

さらに注目するのはリップルの取引高が第一四半期で17兆円に達し過去最大となったことです。

また、3月の仮想通貨市場の取引高は昨年11月と同水準ですが、全体のシェアの割合が3.56%から7.57%へと2倍になっています

つまり、12月と比較すると、価格が下落したように思えますが、実は価格は上昇し、取引高が増えていたということです。

これまでの悪い材料の中でリップルの取引高が増えたのは多くの提携や技術の開発の成果といえるでしょう。

 

まとめ~Apple Pay支払いにリップル技術の活用も~

結論をいうと、リップルの普及は順調に進んでいるということです。

それは、単に期待や推測の話ではなく、リップル社のレポートのように数字で表されたものです。

また、連日のリップルのニュースをみているとうなずけるでしょう。

リップル社が強気な発言を繰り返しているのもわかりますね。

 

Apple Payではリップルの技術を利用

アメリカの世界的企業アップルはApple Payにリップルのインターレジャーを導入しました。

インターレジャーとは、たとえば、Pay PalとApple Payのような異なる支払いネットワークをつなげる技術です。

Apple Payはなかなか聞いたことがない方もいるのではないでしょうか。

アップルは以前からこのサービスを始めていますが、支払いサポートの不足により、加盟店の獲得に苦戦しているとのこと。

今回は、リップルのインターレジャー技術を用いて、Apple Pay普及を目指す目的があるのでしょう。

このように、数多くある仮想通貨の中でも実際に大手企業・金融機関と実際にサービスの提携を進めているのはリップルだけです。

そして、2018年第一四半期のレポートをみると、これから価格の上昇に期待するほうが自然でしょう

参照元:https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/apple-introduces-interledger-api-apple-pay-payments/

 

これからリップルを購入するなら

GMOコインこれからリップルを購入する人におすすめする取引所です

理由は、手数料の安さと使いやすさ

GMOコインは直接取引をする方法をとり、スプレッド(買いの価格と売りの価格の差)が他社よりも狭いのが特徴です

 

また、仮想通貨初心者でも安心して注文できるのにも定評があります

セキュリティー面ではコールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策。

さらに、ビットコイン円では先日よりレバレッジ10倍での取引が開始されました

リップルの購入はもちろん、ビットコインでハイリターンの取引も可能となっています。

上のように、リップルはこれから価格の上昇に期待できます

価格上昇し始めた今、少額からでも仕込んでおくのを強くおすすめします

 

GMOコイン公式サイトはこちら

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.