山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

リップルに好材料?upholdで手数料無料の取引開始!オランダ中央銀行「リップルは素晴らしい決済ソリューション」

投稿日:

 

4月2日、アメリカのオンラインウォレットサービスupholdでXRPの取引が開始されました。それとは別に、オランダの中央銀行は「リップルは素晴らしい決済ソリューション」とコメントを発表しています。

本日はこの2つのニュースの詳細をお伝えします。

 

オンラインウォレットサービスupholdでXRPが追加

upholdは国際的に利用されているアメリカのオンラインウォレットサービスです。これまでに30億ドルの取引がされおり、23種類の法定通貨と4種類の貴金属、9種類の仮想通貨を取り扱っています。

upholdでは送金はもちろんのこと、法定通貨と仮想通貨の両替もおこなうことができます。

 

upholdの最大のメリット

uploadは基本的に無料でサービスを利用できます。さらに注目すべきなのは、uploadメンバー間の国際送金も手数料なしで即時に送金できるという点です。

つまり、XRPの手数料無料サービスが開始されたということです。upholdではウォレットサービス以外にもAI活用のロボトレーディング、金取引、ブラウザーベースの広告決済などが利用可能とのことです。

今後、仮想通貨が普及するにつれuploadは注目されるサービスかもしれません。現在では「ネッテラー」という有名な送金サービスがありますが、ネッテラーに代わる新しいサービスとして期待の声もあります。

 

リップルにとっては大ニュースだった!?

一見すれば、普通のニュースですが、実はupholdに追加されたことはリップルにとって、特大のニュースの可能性があります。理由は2点です。

①取引量の増加が見込まれる

②アメリカで初のリップルを取引できる主要なプラットフォームが誕生したことになる

まず、取引量の増加は大いに期待できるでしょう。しかし、それ以上に注目すべきはuploadがアメリカのサービスだということです。

アメリカ最大の仮想通貨取引所CoinBaseではXRPを追加する署名運動でもわかるように、XRPを取引できる主要なプラットフォームが存在しませんでした

つまり、アメリカではXRPを取引したい人が多いにも関わらず、それに答える大型のプラットフォームが存在しなかったということですね。

それを証明するかのように、uploadのXRPの追加はTwitter上のアンケートで決まっています。しかも、1万2千票のうち51%に及ぶ表を得たとのことです。

なので、なおさら取引量の増加には期待できそうです。また、今後、upholdの動向も仮想通貨の取引活性化につながる可能性が高いので、あわせてチェックしていきましょう。

 

オランダ中央銀行がリップルに対しコメントを発表

また、upholdとは別にオランダの中央銀行は「リップルは素晴らしい決済ソリューション」とコメントを発表しました。今回はオランダの銀行がxCurrentを用いたテストを実施し、その際に発表されたコメントのようです。

 

リップル社CEOガーリングハウス氏は「今後5年で世界中の半数の銀行に導入する」と発言

また、今回の件にかんしてリップル社CEOガーリングハウス氏は「今後5年で世界中の半数の銀行に導入する」とコメントを発表しています。銀行の提携が着々と進み、先日はハイパーレジャーの参加も発表したリップルですが、今後の動向も目が離せないのは違いありません。

 

好材料がとまらないリップル

現在、仮想通貨市場は今年の安値を更新する勢いで低迷が続いています。しかし、ブロックチェーンサービスは日々開発・進化をとげています。特に、リップルに関しては、高い技術により連日のように提携のニュースが後を絶ちません

今後も、よりリップルを実用化できるサービスに期待しながら続報を待ちましょう。

 

リップルを購入するなら

リップルを取引するなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

リップルは提携や決済サービスに関係するニュースが絶えません。現状、いつビッグニュースが流れてもおかしくないといった状況です。

再度、価格が吹き上がる前に、GMOコインで少額でも購入するのをおすすめします!

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.