山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

投稿日:

先日、CNBCに出演したリップル社幹部、セイガー・サーバイ氏がxRapidを来月にも商業化すると発言しました。

また、SBIはMoney Tapのリリースを発表しており、どちらともブロックチェーンの実用化が期待できるニュースです。

要点

・ブロックチェーン実用化の期待
現在、仮想通貨業界最大の試練ともいえる「実用化」。少しづつながら進展があるように感じるニュースです。

 xRapidを来月にも商業化か

リップル社はその 仮想通貨の 製品は、"来月あたりに" 始まるでしょう。

CNBCの番組に出演したリップル社幹部、サーバイ氏は、xRapidに関して「来月あたりには立ち上げられるかもしれない」とコメントしました。

xRpaidはリップル社が主に、企業向けに提供しているプロダクトで、米国とメキシコ間で行われたテストでは、送金時間が3日から2分、コストは40%~70%削減できたとの結果も出ています。

今回は、公式の発表ではないですが、リップル社幹部が番組で公にコメントしているので、来月あたりに動きがあるのは間違いないでしょう。

 

SBIが送金アプリ「Money Tap」をリリース

SBIホールディングスおよび「SBI Ripple Asia」が、今秋にも送金アプリ「Money Tap」をリリースすることが明らかになりました。

SBI Ripple Asia CEO、沖田氏もこのことについてツイートしており、すでにティザーサイトが公開されています。

Money Tapはリップル社のブロックチェーンが活用されており、銀行口座の送金以外に携帯番号やQRコードでの送金も可能な次世代型送金アプリです。

正式ローンチ後は、「内外為替一元化コンソーシアム」に加盟する三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行などのメガバンクを含む邦銀61行に提供されるとのこと。

サンタンデール銀行ではすでに「3クリック40秒」で国外送金ができる「ワンペイ・FX」がリリースされています。

Money Tapに関しては、以前に当ブログでも取り上げているので、詳しく知りたい方は下記の記事も参考にしてくださいね。

SBI主導のリップル決済アプリMoney Tapが今夏リリース決定!Ripple技術を身近で使える大ニュース!

サンタンデール銀行の顧客約50%がRipple(XRP)を利用して海外送金していることが判明!

 

まとめ

これら2つのニュースはリップル社の進展として、重要な意味をもつニュースです。

それともうひとつ「ブロックチェーン実用化」という意味で仮想通貨業界にとって大きなニュースと言えるでしょう。

仮想通貨の価格は低迷しているものの、当ブログで取り上げている「仮想通貨規制」「ブロックチェーン実用化」に関する報道がこの秋から目立ち始めており、ブテリン氏がいうような「仮想通貨の次のステージ」に移行しているのを感じぜざる終えません。

もちろん、今後も仮想通貨実用化へ向けては長い道のりがありますが、2019年以降の仮想通貨業界につながるニュースといっても良いでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.