山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

SBIが米国最大手仮想通貨メディア「CoinDesk」と提携!潜在顧客を呼び覚ますか?

投稿日:

 

SBIが1000万人のアクティブユーザーを誇るCoinDeskとの提携を発表!

 

SBIホールディングスがCoinDeskと戦略的提携

2月23日 SBIホールディングスはCoinDeskと、日本での仮想通貨に関するニュースや価格情報を配信する事を決定しました。

更にCoinDeskが世界各地で行っている一般観覧可能な仮想通貨に関する会議を日本およびアジアでの共同開催など、仮想通貨およびブロックチェーン技術に関する情報における戦略的業務提携を発表しました。

これにより、SBIで投資信託や株式投資を行っている人々が、SBIの発信する仮想通貨に関するニュースに目を通す可能性が大幅に増え、株式投資家達が仮想通貨市場に参入する可能性が高くなる事が予測されます。

仮想通貨カンファレンス(会議)を日本、アジアでの共同開催も行う予定もあり、更に仮想通貨市場を活性化させる活動をSBIホールディングスが行ってくれます。

 

今まで仮想通貨に手を出さなかった人達が、今回の提携により様々な仮想通貨のニュースを目にする機会が増えていきます。

SBIとCoinDeskの提携により、眠っていた潜在顧客を仮想通貨市場へ呼び寄せる事が出来るかもしれません。

参考記事:http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0223_10999.html

CoinDeskという企業

米国最大手の仮想通貨メディアのCoinDeskは利用者数 月間1000万人を誇る米国仮想通貨メディア界の巨人です。

Twitter、Facebookなどの大手SNSのフォロワー数は計60万人、普段では登録される事の少ないメールマガジンですら15万人が登録しています。

またCoinDeskが提供しているビットコインの価格情報「Bitcoin Price Index」(BPI)は、ウォールストリート・ジャーナルなどの最大手メディアでも採用されており、非常に高い知名度を誇っています。

CoinDeskは一般の参加が可能な仮想通貨の会議を行っており、ニューヨークで開催予定の会議では、4,000人超の来場者が見込まれています。

一挙手一投足が投資家達の目を引くことが可能な大手企業2社が提携した事により、仮想通貨市場は新たな顧客を獲得し、更に活発的になる事が予想されます。

 

SBIはFX部門での預り金500億円を達成

SBIはFX部門の「SBI FXTRADE」における顧客からの預り金500憶円を2月20日に達成しており、多くの投資家達に信頼されている事を証明しました。

このSBIが仮想通貨の取引所SBIバーチャル・カレンシーズを取り扱う事を発表しています。

現在はSBIバーチャル・カレンシーズで取引を行う事は出来ないが、2月中に取引所開設時期に関する続報を発表するとしており、国内の仮想通貨投資家達は注目しています。

SBIバーチャル・カレンシーズが取引所を開設した場合、多くの新規参入者によって国内仮想通貨市場は大きな動きを見せるのではないかと期待されています。

 

まとめ

今回のSBIとCoinDeskの提携により、数多くの株式投資家達が仮想通貨市場に興味を持つ可能性が格段に上昇しました。

SBIはFX部門で預り金500億を達成しており、この500億円の一部が仮想通貨市場に流れ込んでくるかもしれません。

SBIに関するニュースは注目しておいて損はありません。

当サイトでも今後、SBIバーチャル・カレンシーズや、SBIに関するニュースを追っていきますのでご期待ください!

 

今後、どこの取引所を使えばいいのか?

今後、取引所を利用するならGMOコインDMM Bitcoinをおすすめします。

GMOコインをオススメする理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

 

 

一方、DMM Bitcoinの大きな特徴として、

国内で唯一、レバレッジ取引が可能な取引所である事です。

レバレッジ5倍となっており、証拠金が20万円あれば、100万円まで取引が可能です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引が出来るのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

今まで仮想通貨に手を出したくても出せなかった人にとって、レバレッジ取引が出来るという事は非常に嬉しいですよね。

 

また、レバレッジ手数料は除き各種手数料は 無料 となっている点もDMM Bitcoinが強い点です。

 

さらに、パソコン以外で取引をする場合、重要になってくるのがスマートフォンアプリの使いやすさです。

DMM Bitcoinはアプリに対して使いやすさ、見やすさをしっかりと追及しています。

そして、初心者から上級者の方まで取引において重要になってくるのがサポート体制です。

仮想通貨に詳しい人でも、何かしらの問題は発生する事があります。

問題が発生してもすぐに対応する事が出来る365日24時間サポート対応を実施。

電話だけでのサポートではなく、LINEから問い合わせても対応が可能です。

 

言わずともしれた安心と信頼のDMM社の取引所や、大手取引所のGMOコインなどを利用し、

仮想通貨市場の流れに乗り遅れないようにしましょう!

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

 

 

 

 

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.