山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコイン暴落の黒幕は「米株」だった!?アナリストが相関性を指摘!

投稿日:

25日の暴落要因は様々指摘されていますが、eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は米核との相関性を指摘しています。

同氏によると、米株下落とビットコインの下落は同時刻に起きたとのことです。

要点

・ビットコイン暴落要因は
25日以降、メディアや専門家の間で暴落要因が話題に。今後の動向を追う上でのヒントになりますが、今のところ明確なものはないようです。

 ビットコイン暴落の黒幕は「米株」だった!?

https://twitter.com/MatiGreenspan/status/1176774639458160640

米国の株式市場での急落(オレンジ色の線)は、ビットコインのブレイクアウト(青色)を進めました。私はそれが無相関の資産であることを知っていますが、これは本当に奇妙な偶然です。

eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は25日、上記のようにツイート。

25日に起きたビットコイン暴落にさきがけ、S&Pが下落しており、相関性があったことを指摘しました。

25日はトランプ大統領の発言により、ダウや米ドルも下落。

ビットコインは今年プラスのパフォーマンを記録している資産でもあるので、米株が下落した損失を補うために、投資家がポートフォリオにあるビットコインを売却したという説はおおいにあるでしょう。

基本的にビットコインと米株は相関性がないと指摘されていますが、2018年2月にも米株の暴落とともにビットコインが下落したことがありました。

 

暴落要因はいまだわからず

暴落要因は今後の値動きを追う上でのヒントになるので、把握しておきたいですが、暴落から2日経った現在も不明。

ビットコインはなぜ暴落した?キーワードは「ハッシュレート」?

これまでハッシュレートやBakktの失望売りが指摘されていますが、どれも明確な要因には至っていないでしょう。

また、ハッシュレートに関しては、その後急回復し、27日に過去最高値を記録しています。

このことを踏まえると、相関性があるのであれば、ビットコイン価格も回復しなければいけないので「ハッシュレート説」は今のところ否定となりそうです。

いずれにせよ、直近で米株が下落することがあれば、ビットコイン価格にどのように影響するかは注目したいところです。

 

まとめ

25日に暴落したビットコインですが、2日経った現在も明確な要因は明らかになっておらず。

eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は、下落要因に米核を指摘しています。

ただ、こちらも観測であって、正確かどうかはわからず。

いずれにせよ、仮想通貨市場と金融市場の関係は今後も重要になるので、米株動向も併せてどこで下げ止まるか注目したいところです。

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.