山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

注目の四半期をまえに専門家はどう見る?直近の3人の見解まとめ!

投稿日:

4月から新しい四半期に突入しますが、6月にはFATFが世界基準のガイドラインを策定することもあり、前向きな兆しも見え始めています。

直近に出た3名の専門家の見解をまとめました。

要点

・注目の四半期目前に
6月はFATFが世界基準のガイドラインを策定すること、また大阪で開催されるG20で仮想通貨が議論されることもあり、動向が加速する可能性があります。

 直近に出た3名の専門家の見解まとめ

今回紹介するのは、仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏、ファンドストラッド社代表トム・リー氏、取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏の見解です。

いずれの専門家も時期は異なりますが、前向きな見解を示しています。

 

「仮想通貨の冬は終わる」:仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

ケリー氏は「仮想通貨冬の時代」が終わりに近づいているとして3つの条件を挙げました。

それが、ビットコインアドレスの増加、機関投資家の関心が戻りつつあること、Twitter CEOの動向です。

機関投資家の関心が戻っていることに関しては、サービスを開始したFidelityやBakktにより、機関投資家の投資意欲が再燃していると指摘しています。

引き続き機関投資家関連のニュースは重要な材料になるので、規制の整備とともに注目でしょう。

 

数カ月以内にビットコインは長期上昇トレンドへ?:ファンドストラッド社代表トム・リー氏

ビットコインは8月に長期上昇トレンドへ!その理由をトム・リー氏が説明!

リー氏はビットコインが数カ月以内に長期上昇トレンドへ突入すると指摘しています。

それが「200日移動平均線」というテクニカル面での示唆です。

ビットコインはこのまま4000ドルを維持できれば、数カ月以内に200日移動平均線とクロスしテクニカル面で強気チャートになると指摘しています。

リー氏の指摘するように「200日移動平均線」は中長期で重要な指標となるので注目です。

 

ビットコインは年末までに100万円を回復:取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

ヘイズ氏は年末までにビットコインが100万円を回復すると指摘しています。

その要因となるのが米国の金利政策です。

FRBは今年利上げをやめることを発表しており、余った米ドル(フリーマネー)が仮想通貨市場に流入すると指摘。

株・為替の投資家にとって、FRBの金利は最も注目している材料なので、頭の片隅に入れておいて良いかもしれませんね。

 

まとめ

これらの専門家の見解をまとめると、4月から6月の四半期、また今年中旬から後半にかけての仮想通貨市場には期待できそうです。

テクニカル・ファンダメンタルズ面でも良い示唆が出ているため、今後は注目の期間となるでしょう。

また、ヘイズ氏の指摘するように、今年は既存の金融市場でも変化の年となっているので、米国の金利政策や米ドルの動向も注目となるかもしれません。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.