山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

コインチェックが日本初のステーキングサービスを開始

投稿日:

9日、国内最大手の取引所「コインチェック」が、Liskのステーキングサービスを開始しました
ステーキングサービスの提供は日本国内では初となります。
この発表による影響で、Liskの価格は一時的に40%高騰しました

要点

Liskのステーキングサービスが開始されたことによる他の通貨への影響は?
日本初のステーキングサービスの発表により、仮想通貨に新たな可能性が生まれました。
ステーキングサービスの影響によって、仮想通貨界にどのような変化が起こるのでしょうか。

ステーキングサービスとは?

ステーキングとは、いわゆる利息のようなシステムです。

ステーキングサービスの利用者が保有している仮想通貨を、取引所側が運用することによって利益を出し、その一部をサービス利用者に還元しています。

今回はLiskが対象なので、コインチェックの口座でLiskを保有していることによって、毎週水曜日に保有量に応じた報酬が付与されるようです。

Liskは、ブロックの生成・承認者だけではなく、投票者にも報酬が支払われる仕組みとなっています。

コインチェックは、その投票を顧客から預かったLiskを使うことによって有利に進められると考え、今回のステーキングサービスを実施したようです。

 

ステーキングサービスによる他の仮想通貨への影響は?

コインチェックのステーキングサービスは現時点では実証実験の段階だそうですが、もしこれが成功したとなると今後は他の取引所もステーキングサービスを導入してくるようになるでしょう。

そうなると、投資家達はステーキングされる可能性も見越して投資をするようになってきますので、仮想通貨業界から見るといい流れが来ていると考えられます。

また、今までは仮想通貨の長期保有は意味のあるものではありませんでしたが、ステーキングによって長期保有をするメリットが生まれてきます。

これは仮想通貨を手放すユーザーが減る要因にもなりますので、価格の安定にも繋がることでしょう

仮想通貨を保有しているだけで収益が発生するというシステムは、仮想通貨に新たな価値が生まれたといっても過言ではない為、この先の仮想通貨業界に良い結果をもたらすかもしれませんね。

 

今回のステーキングサービスの対象者

https://platform.twitter.com/widgets.js
今回のステーキングサービスは、コインチェックの取引アカウントに一日平均10LSK以上保有しているユーザーもしくは、貸出中でないLiskを一日平均10LSK以上保有しているユーザーが対象となっています。

9日時点の価格で1LSKが約70円となっていますので、約700円ほどの保有で対象者になることが可能です。

かなり敷居の低い設定なので、相当数のユーザーが参加すると想定されるでしょう。

報酬の付与は毎週水曜日に行われるようなので、対象となるユーザーは月4回報酬を受け取ることが可能です。

現時点では保有量に対してどれくらいの報酬が付与されるか判明していませんので、来週の水曜日の報酬によってLiskの値段がまた動くことになるでしょう。

 

まとめ

9日、国内最大手の取引所「コインチェック」よりLiskのステーキングサービスの実施が発表されました。

この影響でLiskの価格は暴騰し、仮想通貨の保有によって収益を得られるという新たな可能性が仮想通貨に生まれました。

現在はまだ実験の段階ではありますが、ステーキングサービスが成功することによって、仮想通貨業界は大きく前へと進むことができるでしょう。

そして、ユーザーはステーキングを価格に考慮するようになるので、価格の上昇も見込めるようになってきます。

尚、ステーキングサービスが有効なのはコインチェックのみとなっています。

他の取引所で保有していても報酬は発生しませんので、注意しておきましょう。

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.