仮想通貨ニュース

仮想通貨急落の裏で、謎のクジラがビットコインを3500BTC購入 / JPモルガン「機関投資家はビットコインから金に戻った」

投稿日:

仮想通貨急落の裏で、謎のクジラがビットコインを3500BTC購入

要点

・19日前後に記録的な暴落をしたビットコインを、その時買い集めていた謎のクジラ現る

・15日、18日、19日の3日間で計3521BTCを購入

急落のビットコイン相場ですが
その裏で謎のクジラが
3500BTCも購入してたと判明しました。

itsblockchainの記事によると、
そのクジラは5月15、18、19日の3回に購入して
計3521BTCも蓄積したのだそうです。

3回行われた購入の平均BTC価格は、
15日が50,050.54ドル、
18日が44,782.37ドル、
19日が41,897.02ドルでした。

19日にBTC価格は一時的に3万ドルを下回りましたが、
現在は34%近く回復しています。

 

■ネットの反応

大量の資金を動かすクジラにとっては

格好の押し目買いチャンスとなったようです。

 

JPモルガン「機関投資家はビットコインから金に戻った」

要点

・JPモルガンはBTCの暴落について「機関投資家が金に移動したからだ」と指摘

・しかしJPモルガン自身はBTCが将来的に14万ドルに達するとの予測を崩していない

ビットコインが一時3万ドル近くまで暴落した中、
JPモルガンのアナリストは、

「大規模な機関投資家がBTCを放棄して、
金(ゴールド)に戻っている」

と指摘しています。

18日の顧客へのメモで、
JPモルガンは機関投資家が金に戻っており、
4月中旬にビットコイン価格を6万4000ドル以上に
押し上げた強気の仮想通貨市場を逆転させることを
示唆していました。

しかし、JPモルガンは
ビットコインが長期的には14万ドルに達する
という以前の予測を維持しています。

JPモルガンによると、
ビットコインと金のボラティリティ比に基づく
ビットコインの現在の公正価値は、
14万ドルの4分の1、
つまり3万5000ドルになります。

 

今回の記事のまとめ

■『仮想通貨急落の裏で、謎のクジラがビットコインを3500BTC購入 』について

・世界的なビットコイン大暴落の裏、謎のクジラが大量のBTCを押し目買いしてたと判明

・下落していたこともあり、そのクジラは計3521BTCの購入に成功

■『 JPモルガン「機関投資家はビットコインから金に戻った」』について

・JPモルガンはBTC暴落の背景は「機関投資家が金に戻ったから」と分析

・JPモルガンによると、ビットコインの公正価格は3万5千ドル

 

ビットコインの記録的な急落後、やはり押し目買いに出たクジラが

確認されました。

現在は機関や個人からの買い戻しで、BTC価格は持ち直してきていますが

まだしばらくは乱高下が続くかも知れません。

BTCの逆風となるニュースに警戒しながら、冷静に動きましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.