仮想通貨ニュース

ビットコイン30万円割れシナリオ!?弱気派アナリストが見解示す!

投稿日:

暴落後さまざまな議論がメディアでされていますが、弱気派のアナリストは底割れシナリオもありえるといいます。

今回は著名アナリスト、アラッソ氏の見解を紹介します。

要点

・底割れシナリオはあるのか
現時点で底割れする確率はかなり低いといえますが、このまま価格が上昇しなければ、その確率も高まっていきます。頭には入れておきたい指摘でしょう。

 ビットコインが30万円を割り込む!?

著名アナリスト、アラッソ氏は27日、Youtubeで最新の分析を発表。

ビットコインは30万円まで下落しますか? (ここにあなたが知る方法があります)

アラッソ氏によれば、このまま下落トレンドが長引けば、今年の30万円を下回るシナリオも考えられるとのことです。

同氏は今回、投資家の心理とフィボナッチ・リトレースメントを用いて分析。

ビットコイン円 日足

フィボナッチ・リトレースメントは、ある一定の期間から戻り高値・安値の目安を知ることができるテクニカルですが、アラッソ氏は、リトレースメントの78.6%である60万円を下回れば、ビットコインは30万円を割り込む可能性があるとのこと。

同氏が指摘するように、通常、リトレースメントの78.6%が決壊すると、そのトレンド(今回であれば上昇トレンド)が終わり、全戻しすることを示唆します。

 

底割れシナリオはあるか

ただ、アラッソの指摘する底割れシナリオが現実的かといえば、まだ可能性は低いと言えます。

ビットコインは「上がるのか」・「下がるのか」?今後の展望を独自考察!

昨年はビットコインのハッシュ戦争がきっかけで、最安値を更新しましたが、底が割れるのはそのような市場に影響がある大きな材料がなければいけません。

それを考えれば、現段階ではそのような材料はないので、まだ底が割れると考えるのは時期尚早でしょう。

また、来年は半減期も控えており、今年の方が昨年よりファンダメンタルは良好と言えます。

ただ、同氏が指摘するように、このまま下落トレンドがつづいた場合、また昨年のように突発的な悪材用が出れば、サポートが次第に決壊していく可能性は否定できません。

そのとき、60万円は重要な価格帯になるので、頭の片隅には入れておきたいところです。

 

まとめ

著名アナリストであるアラッソ氏は27日、Youtubeで最新の見解を発表。

それによると、フィボナッチ・リトレースメントの78.6%である60万円が決壊すれば、再度30万円方向に向かう可能性があるとのこと。

まだ底割れを考えるのは時期尚早ですが、下落トレンドがこのまま続けば、アラッソの指摘するように30万円ほうこうに向かう可能性もあるので、頭の片隅はいれておきたいトピックです。

 

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.