山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

イスラム法がビットコイン容認!?最大18億人が仮想通貨市場へ!過去最大の強気相場が到来?

更新日:

12日から15日にかけての仮想通貨市場は昨年12月以来の上昇をみせ、仮想通貨市場への期待が再燃しています。

12日には1時間で10万円の高騰をする場面もありましたが、その原因とネットで噂されているイスラム法のニュースを本日はお届けします。それに伴い、投資家やヘッジファンドの予想もあわせて紹介します。

イスラム法がビットコインを容認!?

12日の上昇と関係していると噂されているのは、同日に提出されたレポートです。

内容は、ビットコインがイスラム法に反しないという内容です。

イスラム法は長年ビットコインに関する議論を続けており、世界中に教徒がいることから、IMF(国際通貨基金)とも議論を交わしています。

それだけ世界的に注目されているということですね。

 

世界人口の23%・約18億人の資産が仮想通貨市場へ?

イスラム教徒は現在、世界人口の23%を占め、その数約16~18億人いるとされています。

もし、その人たちが仮想通貨の取引を開始したら、相場が上昇するのは間違いありませんね。

また、サウジアラビアやカタールにはヘッジファンドが存在し、多額な資金が仮想通貨市場に流入することにもなります。

噂レベルではありますが、このレポートと12日のビットコイン上昇は無関係ではなさそうです。

ただ、今回は正式に容認されたわけではなく、あくまで「問題はない」というレポートです。

今後の展開がどうなるかはまだ不明ですが、仮想通貨を取引するのであれば注目しておきたいトピックです。

参照元:https://www.ccn.com/bitcoin-declared-compliant-with-sharia-law-price-surges/

 

ビットコインは年内に200万円・2022年までに2500万円になる

先週の上昇にあわせて、ヘッジファンドや著名投資家から強気の予想も飛び出しました。

中にはビットコインが2022年までに2500万円になるという強烈な予想もあります。

 

ビットコインは年内に2万ドルへ

仮想通貨投資のヘッジファンド、パンテラ・キャピタル・マネジメントは13日、ビットコインが年内2万ドル(日本円で約200万円)に行く可能性が高いとウォールストリートジャーナルが伝えました。

CEOであるダン・モアヘッド(以下ダン氏)は昨年12月の時点で2万ドル到達の前に、価格が50%下落するかもしれないと予測しています。

実際に、この予測は現実となり、今年2月の安値は高値から50%以上、下落した価格でしたね。

このまま予測がうまくいけば、年末に向けて価格が上昇する計算です。

また、ダン氏は3月の価格下落をアメリカの確定申告の売りとコメントしています。

 

ビットコインが2022年までに25万ドルへ

さらに驚くべきは、アメリカの著名投資家ティム・ドレイパー氏(以下トレイパー氏)が2022年までにビットコインが25万ドル(日本円で約2500万円)に到達すると発言したことです。

ただし、明確な理由は不明で「クレイジーだと思うが信じよう」とコメントをしているとのこと。

トレイパー氏がすごいのは、2014年ビットコインが320ドル以下の時に、17年には1万ドルを超すと予測し、それを的中させたことです

そう考えると、今回の一風的外れの予測も的中させるのかもしれません。

参照元:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-hedge-fund-pantera-capital-btc-will-highly-likely-break-20000-this-year

:https://jp.cointelegraph.com/news/im-thinking-250000-by-2022-tim-draper-reveals-new-bitcoin-price-target

 

まとめ~今年は「まだ入ってきてないお金」がキーワード?~

イスラム法の容認からヘッジファンドの予測まで、共通していえるのは「まだ入ってきていないお金」です。

特に、最近ではロックフェラー系ファンドや、ジョージ・ソロスなどヘッジファンドが投資を計画する報道が目立ちます。

上のイスラムのニュースにもある通り、仮想通貨市場にはまだ資金が入ってない状態なのです。

これから、多額の資金が流れ込むのを考えると、価格が上昇するのは当たり前ですね。

一見、強気で的外れに思える投資家たちの発言ですが、このことを考えればうなずけるでしょう。

 

これからビットコインを取引するなら

GMOコインこれからビットコインを取引する人におすすめしたい取引所です

理由は、スプレッド(買いと売りの価格の差)です

 

また、初心者の方でも使いやすい注文方法も大きな魅力です。

セキュリティー面ではコールドウォレット、マルチシグ、資産の分割管理、2段階認証と万全の対策。

他社と比べて、これから仮想通貨を取引する人にもっとも適した使いやすい取引所となっています

そして、仮想通貨市場はこれから価格が上昇するのがおおいに期待できます

価格が上昇し始めて間もない今から、少額からでも仕込んでおくのを強く、おすすめします

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.