仮想通貨の仕組み

ビットコイン6万ドルの大台に復帰!イーサリアムも過去最高値を更新 / ウクライナの公務員らが約3,000億円のBTC保有か

投稿日:

ビットコイン6万ドルの大台に復帰!イーサリアムも過去最高値を更新

要点

・ビットコインが6万ドル突破!一時6万1千ドルを記録

・4月10日は仮想通貨市場全体が全面高となる

ビットコインは10日、前日比+5%で6万ドルを突破しました。
一時6万1000ドルを超える数字となっています。

bitFlyerのCFD取引では一時700万円台に達しています。

BTCのほかの銘柄では、
イーサリアム(ETH)やXRP(リップル)、
BNB(バイナンスコイン)などの
メジャーアルトも全面高となり、
特にイーサリアムは過去最高値を更新するほどの急騰です。

こうした仮想通貨市場の上昇の背景には
以下の材料があると見られています。

・米最大手取引所コインベース、4月14日にナスダック株式市場へ上場
・米SECがビットコインETF審査開始
・Meituが約11億円相当のビットコインを買増し
・大手ヘッジファンドThird Pointがビットコインを保有

 

■ネットの反応

6万ドルの壁と言われたラインを突破したビットコインに

投資家から歓喜の声が沸き起こっています。

このまま定着してくれることを祈るばかりです。

 

ウクライナの公務員らが約3,000億円のBTC保有か

要点

・ウクライナの公務員が全体で3,000億円相当のBTCを保有している可能性が報道

・申告結果だけでも、1人で1,300億円のBTCを保有している公務員が確認

ウクライナの公務員650人以上が、
合計46,000以上のビットコインを
保有している可能性があると報じられました。

日本円に換算すると2,900億円です!

これはウクライナ現地のデータ分析プラットフォーム
Opendatabotが発表した集計です。

国内全体の公務員のうち
仮想通貨を所有していると報告したのは652人。

その中で最も多額の保有を報告したのは
ある市議会議員の18,000BTC(1,300億円)でした。

次いで2位はウクライナ大使館職員の6,528 BTCです。

この統計結果について、
仮想通貨ウォレット企業CoinspaidのCEOは、

「ウクライナは仮想通貨をめぐる活動が活発であるため、
公務員が仮想通貨に精通していることは驚くに当たらない」

と述べました。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン6万ドルの大台に復帰!イーサリアムも過去最高値を更新』について

・ビットコインが上昇して6万ドル突破!

・同時にイーサリアムも急騰して、過去最高値を記録

■『ウクライナの公務員らが約3,000億円のBTC保有か』について

・ウクライナの公務員の652人が仮想通貨を保有してると申告

・その中の最高額は1人で1,300億円分相当を保有

 

多くの好材料の後押しで仮想通貨市場は全面高。

ビットコインは6万ドルの壁を突破して

さらに上の目標ラインを目指そうとしています。

今年中に10万ドル突破するだろうという

一部アナリストの予測が一気に現実味をおびてきました。

投資家の皆さんはエントリーのタイミングを誤らないように

注意深く探りながらこの上昇気流を見守っていきましょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨の仕組み

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.