山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

【完全解説】ビットコインの購入の仕方まとめ

投稿日:

ビットコインの購入方法は基本的に三種類

近年、ビットコインは急速な値上がりを続けています。それだけに今のうちに買っておいて資産運用したいと考える人も多いでしょう。

購入方法は基本的に三種類あります。そのため、自分に合った方法を選ぶようにしてください。

最も代表的な方法は取引所・販売所でビットコインを購入することです。取引所・販売所では仮想通貨の取引を仲介するサービスを行っています。

取引所では他のユーザーとの売買ができ、販売所では仲介を行う業者との売買ができるようになっているのが特徴です。取引所・販売所を利用するには公式サイトにアカウントを登録する必要があります。

次にOTC取引を利用してビットコインを購入する方法があります。OTC取引は簡単にいえば上記の取引所・販売所を介さずにユーザー同士で仮想通貨の取引を行う方法です。

OTC取引には仲介手数料がかからないことや売買価格を当事者たちで決められること、大口の取引をしても市場価格が変わることはないことなどのメリットがあります。

ただし、そのかわり取引相手を見つけるのが非常に難しいデメリットがあります。一応、OTC取引をする相手を見つけるためのウェブサイトもあるのですが、そこで見つけた相手が果たして信用できる人間なのかどうなのかまではわかりません。

三つ目の方法はATMを利用してビットコインを購入することです。ATMを操作することで手軽に現金とビットコインを替えることができます。

ただし、このATMはまだそこまで普及していないため、見つけるのが難しい問題があります。

取引所・販売所を利用するのが無難

特にOTC取引やATM取引をしたい理由があるわけでなければ取引所・販売所を利用してビットコインを購入するのが無難です。

初心者でもサイトやアプリを利用して簡単に取引できますし、チャートでレートの動向を確認できる利点もあります。

取引所・販売所は仮想通貨取引所に設置されています。仮想通貨取引所というのはその名の通り、仮想通貨の取引ができる場所です。

つまり、日本円やドルのような法定通貨と仮想通貨を交換したり、仮想通貨同士を交換したりできるところということです。

仮想通貨取引所は必ずインターネット上でサービスを提供します。店舗を設置することはないので、パソコンやスマートフォンといった端末でしか取引できません。

また仮想通貨取引所は売買手数料やスプレッドの差益によって利益を得ています。

売買手数料は利用者が法定通貨と仮想通貨を交換したり、仮想通貨同士を交換したりするたびに支払わなければならない手数料のことです。

利用する仮想通貨取引所によって手数料の設定が異なるので、気をつけてください。

スプレッドの差益とは何かというと、購入金額と売却金額の差から生まれる利益のことです。

基本的に仮想通貨取引所では購入金額よりも売却金額の方が低く設定されているので、仮想通貨を買ってすぐに売った場合、損をすることになります。

そしてその損した分は仮想通貨取引所の得になるのです。

 

bitflyerでの買い方

bitflyerは国内最大手の仮想通貨取引所です。そのため、仮想通貨取引所選びに迷ったらとりあえずここを参考にしてみるといいでしょう。

bitflyerでのビットコインの買い方ですが、まずは公式サイトのアカウント作成フォームに行き、メールアドレス入力後に「アカウント作成」をクリックします。

Facebookアカウントを持っている場合は「Facebookでアカウント作成」のボタンをクリックしても構いません。Facebookアカウント以外にも、Yahoo!ID、Googleアカウントと、それぞれ専用のアカウント作成ボタンが用意されています。

bitflyerのアカウントは「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2つに分けられています。

上記の手続きを終えただけではクラスは「ウォレットクラス」になっており、仮想通貨を預けたり送ったり決済したりすることはできますが、売買はできません。

そのため、アカウントを取得したら今度は「トレードクラス」になるための手続きを取る必要があります。

トレードクラスになるには本人情報の登録、本人確認書類の提出、取引目的の確認、転送不要の書留郵便の受取が必要です。

最初の3つに関してはログイン後のホーム画面右側にある各項目から手続きできます。これらの情報が登録された後、bitflyerから書留郵便が送られてきます。

以上の下準備を終えたらbitflyerのサイトで「ビットコイン売買」の項目をクリックします。

取引画面では右上に預けているビットコインと現金の残高が表示されますが、この日本円を使ってビットコインを買うことになります(残高がない場合は入金手続きを取りましょう)。

取引画面内の「数量(BTC)」という項目で買いたいビットコインの数を指定します。すると日本円の参考価格が出るので、それでよければ「コインを買う」のボタンを押します。

後は「注文実行」のボタンを押せば購入完了です。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

 

coincheckでの買い方

coincheckもbitflyerと同様、国内で有名な仮想通貨取引所のひとつです。coincheckでのビットコインの買い方についてですが、「口座振込」と「クレジットカード支払い」の2つの方法があります。

「口座振込」の手順ではまずcoincheckの公式サイトのアカウント登録ページでメールアドレス、パスワードを入力し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

メールアドレスに確認メールが届くので、URLをクリックすればアカウント作成完了です。

その後指定した電話番号にSMSメールを送信させ、メールに記載されている認証コードを入力し、電話番号の登録・認証を行います。これで指定口座に入金ができるようになります。

指定口座に日本円を入金したらサイト内の「ビットコインを買う」という項目を開き、購入したいビットコインの数を入力して「購入する」ボタンから手続きすれば完了です。

「クレジットカード支払い」の手順ではまずアカウントの登録、電話番号の登録・認証を「口座振込」の手順と同様に行います。

その後、本人確認を行います。サイト内の本人確認ページに行き、氏名や性別、生年月日を入力し、本人確認書類をアップロードすれば本人確認手続きは完了です。

それから「クレジットカードで買う」という項目を開き、5,000円分、10,000円分、50,000円分、100,000円分の中から好きな金額を選びます(金額を直接入力することもできます)。

金額指定後、「購入する」ボタンをクリックするとクレジットカード情報の入力ページに飛ぶので、クレジットカード番号や有効期限を正確に入力します。

入力し終わったら「決済開始」ボタンをクリックすれば完了です。

coincheckの「クレジットカード支払い」でのビットコインの購入は土日や時間帯に関わらず手続きできるので、いつでもビットコインを買いたい人にとっては重宝するかもしれません。

国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.