山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

そもそも仮想通貨って何・・・?仕組みや種類・歴史を調べてみました。

投稿日:

仮想通貨とは?

最近何かと話題になる仮想通貨。「ビットコイン」など耳にはするようになったものの、詳細についてはあまり理解されていない事が多いようです。

そこで、仮想通貨の仕組み・種類・歴史等をまとめてみました。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨とは電子的な通貨で、日本円や米ドルなどとは違い、貨幣や硬貨などの実物がありません。インターネット上のデータとして出回っているだけで、実態とは存在しないのです。

デジタル通貨など呼ばれることもありますが、ウェブマネーやアマゾンギフトなどの電子マネーとは少し別のものになります。

ビットコインを始めとする仮想通貨では、マイニングと呼ばれる採掘システムがあります。マイニングとは、全世界のコンピューターが繋がって、ビットコインなどの取引記録を取引台帳に追記しているのです。
取引記録を取るには、膨大なコンピューターの計算量が必要になるため、有志のコンピューターの性能の一部をマイニングとして貸し出して、集まった性能で計算を行っています。

マイニングとして貸し出したユーザーには、見返りとしてその仮想通貨(ビットコイン等)が支払われるようになっています。
実は、その支払い時に新規にビットコインが発行されるのです。金やダイヤモンドの採掘と似ている行為のため、マイニングと呼ばれます。

また、仮想通貨を3つの特徴でまとめると下記になります。

円やドルなどの法定通貨と換金性がある

はじめに説明したように、仮想通貨は日本円やアメリカドルなどと換金することができます。仮想通貨はマイニングによって発行される有限の性質のため、全世界で発行されている通貨数などによって為替レートが決定しています。
ウェブマネーなどの電子マネーは円やドルなどに換金することが出来ないため、そこが少し違う部分となります。

仮想通貨の取引が公開されている

実は、ビットコインを始めとする仮想通貨の取引履歴や口座残高は、全て全世界に公開されています。ビットコインを例に上げると、2009年以来の全取引をすべて見ることができます。
なぜ、このようなシステムにしているかというと、仮想通貨の匿名性が理由となります。
各自のビットコインの口座(ウォレットといいます)は、個人情報と全く結びついていないため、自分から

この口座の持ち主は私です!

と言わない限り、その口座が誰のものかはわからないのです。

ビットコインアドレスは、希望すればいくらでも作ることができます。そのため、取引のたびにアドレスを作っていれば、ほとんど特定はできません。

取引が透明+匿名性といういいとこ取りのシステムと言われています。
また、ブロックチェーン技術などの新しい仕組みが導入されているため、セキュリティにも優れています。

特定の国家に帰属していない

円であれば日本、ドルであればアメリカ、ユーロであればヨーロッパなど、今まで存在していた通貨は必ずどこかの国に依存していました。
しかし、仮想通貨はどこかの国が運営しているというわけではないため、特定の国家に影響されないという特徴を持っています。

国が発行している法定通貨の場合、中央銀行が発行していて、国がその価値を保証しているため、発行している国の財政や情勢などに影響されやすいのですが、
仮想通貨の場合は全世界共通のものとも言えるので、影響を受けづらく安定しているという側面があります。

そもそも仮想通貨っていつ始まったの?

歴史的に見ると、1995年にアメリカでは全世界共通の仮想通貨について言及されていたのですが、当時は技術力も足らず、電子マネー止まりでした。
2008年にSatoshi Nakamoto(ナカモトサトシ)という人がビットコインの元になるシステム論文をWeb上に公開し、それを元に色々な人が開発を進めていきました。
その結果、2009年に歴史上初めての仮想通貨としてビットコインが誕生し、配布されるようになりました。
実は、そのころは1BTC=0.00076ドルだったのですが、
2017年には1BTC=7000ドル近くにもなっています。
計算してみると、7年間で100万倍にも価値が上昇しているのです。

まとめ

このように、今までの通貨の概念をひっくり返すような仮想通貨は、現在進行形で世界中に普及が進んできています。
ビットコインの所有者も増えていますし、日本でもビックカメラなど仮想通貨で支払いを行い買い物ができるお店が増えてきています。
日本政府からしても無視できない存在となっており、きちんと仮想通貨の税金について定められるなど正しく整備されてきています。

情勢の悪い国によっては、不安定な自国の通貨よりも仮想通貨を信頼する国があるなどシェアが広まってきていますが、
一方でマネーロンダリングに使われる、闇市場での取引に使われる、新規仮想通貨の発表という名目の投資詐欺なども存在します。

このような問題点もありますが、国や企業がきちんと仮想通貨に対して向き合っている状況ですので、仮想通貨の未来は明るいのではないでしょうか。
仮想通貨の理解を深めるためには、まずは自分で数百円でもいいので仮想通貨を取引してみることもおすすめです。

-仮想通貨の仕組み

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.