仮想通貨の仕組み

リップル(XRP)が24円まで急騰!バイナンスのレバレッジ取引などが要因?

投稿日:

要因は明らかになっていませんが、リップル(XRP)が6日18時頃から前日比で10%近く急騰しました。

直近のリップル動向をまとめました。

要点

・今年はアルト動向にも注目
今週から本格的に新年相場スタートとなりましたが、今年はアルト市場全体の動向も注視したいところ。リップルに限らず、他のアルトコインの価格動向も注目です。

リップルが前日比10%近く急上昇

長らく価格の停滞が続いているリップルですが、6日18時頃から前日比10%近く価格が急上昇しています。

リップルドル 日足 2019年11月~

リップルは12月に入り年初来安値を更新した後は、レンジ推移に。

本日の上昇で0.21ドル(日本円でおよそ24円)の高値を記録しました。

チャートの青い線は50日移動平均線ですが、現在はそこがレジスタンスとなっているので、まずは23円を突破できるかに注目したいところ。

直近ではビットコインも底堅く、市場全体の地合いがよいため、今週は23円を突破できるかに大注目となりそう。

また、上昇要因は明らかになっていませんが、本日はバイナンスでリップルのレバレッジ取引が開始されたことが発表されています。

バイナンスはXRP / USDT先物ローンチをします。最大75倍のレバレッジ。

 

今年はアルト動向にも大注目

アルト市場は18年・19年とすでに2年間価格が低迷。

価格が下落しているのは、リップルだけに限らず、アルト全体の話でもあるので、今年はアルト市場全体の動向は大注目となりそうです。

2020年アルトは上昇できるのか?リップル・イーサリアムの今年を振り返る!

また、アルトは一般的に「価値保存の手段」とされるビットコインよりもリスク資産とみる向きがあります。

そのため、アルト全体の価格が上昇するときは、仮想通貨市場全体に資金が流入するケース(2017年など)は過去みられたので、その点は覚えておきたいところ。

また、リップル社CEOガーリングハウス氏を筆頭に、今よりもアルトコインの銘柄が淘汰する「アルトコイン淘汰論」はたびたび専門家でも話題になります。

そのため、リップルはもちろん、引き続きビットコイン市場とアルトコイン市場の比較という形でまずは新年相場を追っていきたいところです。

 

まとめ

リップルは12月に安値を更新して以来、短期的なレンジ相場が続いていましたが、6日18時頃から前日比10%近く価格が急騰。

直近では50日移動平均線が位置する23円がレジスタンスとなっているので、今週はそこをブレイクできるか注目となりそうです。

また、中長期的な視点では長らくリップルに限らず長らく停滞が続いているアルト市場全体の動向も見極めたいところ。

今年は規制や各銘柄の材料ともに、市場全体のドミナンスの変化なども引き続き注目していきたいところです。

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.