山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ウォレット・ツール

仮想通貨リアルタイムのチャートや価格を見る方法!初心者必見!おすすめアプリも紹介。

投稿日:

リアルタイムで仮想通貨を見る必要性

仮想通貨で資産運用する場合、原則は安いタイミングでコインを購入し、値上がりしたところで売却することです。
こうすれば、利ザヤを稼げ、自分の資産を増やせます。仮想通貨で運用する場合、チャートの見方をマスターすることは大事です。チャートはリアルタイムにおけるそれぞれのコインの価値の推移を表示したものです。チャートを見ることで、今後その通貨がどのような値動きをするか予測が立てられます。

そして今買いなのか、通貨を持っているなら売り時はいつなのかを予想して、自分のトレードに反映させるわけです。

仮想通貨のトレードをする場合、リアルタイムで値動きに関するチャートが出てきます。そのほかに数字がいろいろと書かれている表も表示されるはずです。こちらの数字の表はテクニカル指標と呼ばれています。いろいろな方法で指標を定めて、一種の基準とするものです。

このテクニカル指標をチェックすることで、これから先どのように相場が展開されていくかを予想するわけです。このようにチャートには、これからどう運用すればいいかについての道しるべ的な情報が網羅されています。もし本格的に仮想通貨を使った資産運用を検討しているのであれば、チャートの見方をマスターしておくことがおすすめです。

ローソク足の見方をマスターすること

仮想通貨のチャートをマスターするにあたって、何はともあれ、ローソク足の見方を理解する必要があります。ほとんどのチャートで、ローソク足は表示されているからです。文字通り、ローソクのような形をしたチャートのことで、始値・終値・高値・安値といった情報をすべて網羅しています。そのほかにも一定時間の値動きについてもローソク足で表示されます。1秒単位のリアルタイムで表示されるものもあれば、長いと1か月を一つの単位にして表示するローソク足も見られます。その一定期間の中で、仮想通貨がどのような値動きをしたのか、価値として上がったのか下がったのかが把握できます。

ローソク足は、赤と青or緑で表示されます。前者を陰線・後者を陽線といいます。陽線とは一定期間でその通貨の価格が上昇したこと、陰線は逆に下落したことを意味します。ローソク足を見てみると、四角い本体からひげのような細い線が伸びているはずです。上部に出ているひげを上ひげ・下部に出ているひげを下ひげといいます。陽線の場合、上ひげが高値と終値の間・下ひげが始値と安値の間になります。陰線の場合、上ひげが高値と始値の差・下ひげが終値と安値の差を意味しています。

ローソク足の見方はいろいろとあって、まず始値と終値の差についてチェックする方法があります。始値と終値の大きい状態を、大陽線もしくは大陰線といいます。大陽線は大きく価格上昇を意味していて、当面その銘柄は価格が上昇すると見られます。逆に大陰線は勢いがない状態で、今後も当面価格の下落する可能性が高いと推測できます。

逆にあまり始値と終値との間に差のない状態を小陽線・小陰線といいます。ローソクの本体の四角い部分が短い状態でチャートには表示されます。このような状況に陥っている仮想通貨があれば、当面売りと買い注文が拮抗して、均衡状態を保つ可能性が高いです。ただしリアルタイムでこまめにチェックしておいたほうがいいでしょう。何かをきっかけにして、一気に上昇・下降に転じる可能性があるためです。

また十字線と呼ばれるチャートの出てくることもあります。文字通り十字の形になったローソク足のことです。始値と終値が全く一緒だと、ローソクの本体も一本の線となります。その結果上ひげと下ひげを合わせて、ちょうどクロスしたような状態になるわけです。これは一種の転換期を迎えているといえます。もし低値の時に現れれば今後上昇する可能性、高値の場合には今後下落する可能性が極めて高いです。低値であれば買いですし、高値でそのコインを持っていれば売り時と解釈できます。

このようにローソク足をマスターすることで、今後どのような値動きをするか、予想ができます。より正確な予想ができれば、資産を増やせる可能性も高まるわけです。

リアルタイムでチャート確認できるおすすめのアプリは?

仮想通貨のチャートを見てみると、常に値動きをしています。そして時として、大きく値が動くこともあります。そこでリアルタイムのチャートをできるだけこまめにチェックし、必要に応じてトレードをするのが、仮想通貨トレーダーとしての心得といえます。リアルタイムでチャートのチェックをしたければ、スマホアプリをダウンロードしておく
のがおすすめです。現在仮想通貨の値動きをリアルタイムでチェックできるアプリもいくつか出ています。その中でもおすすめのアプリをいくつかピックアップしましょう。

コインチェック

コインチェックとは国内にあるビットコインなどの仮想通貨の取引所です。「日本一簡単にビットコインが返る取引所」をキャッチコピーにしています。
このコインチェックでは、ユーザーの皆さんを対象にしてチャートチェックできるアプリを配信しています。
iPhoneでもアンドロイドでも対応していますので、ほとんどのスマホユーザーがインストールし利用できます。

上記の画像がcoincheckのツールのTradeviewです。様々なデータをみながら、買い注文・売り注文を同画面ですることも可能です。

コインチェックの口コミを見ると、チャートが見やすい、リアルタイムで表示してくれるとおおむね高評価です。
それぞれの1通貨単位当たりの日本円をリアルタイムで表示してくれるところもおすすめポイントです。

coincheck公式サイト

BtcBox

BtcBoxのチャートアプリも高い人気があります。BtcBoxは日本国内でも最大級の取引所で、リアルタイムのチャートを表示してくれるのがおすすめポイントといえます。しかも取引しやすいところも魅力で、売買ともにかなり活発にオーダーの出る傾向が見られます。思った価格で取引成立する可能性が高く、利益確定を逃す、損切りできないといったトラブルも起こりにくいです。取引手数料は無料で、こまめにどんどん取引を進めていきたい人にはコストもかからず気軽にトレードを進められます。

こちらもiPhoneとAndroidのいずれにも対応しているので、仮想通貨で資産運用しようと思っている人はダウンロードしておいて損のないアプリといえます。

BtcBox公式サイト

-仮想通貨ウォレット・ツール
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.