山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨取引所

Yahooが仮想通貨取引所を創設!?取引所事業は交渉中であることが判明!

投稿日:

 

23日、日経新聞でYahoo100%子会社「ワイジェイFX!」がビットコインアルゴ東京を買収したとの報道が流れました。

しかし、その後ビットコインアルゴは報道を否定、Yahooも公式プレスで一部報道は「現時点で決定した事実」ではないと発表しました。

 

23日報道から報道否定までの流れ

23日の日経新聞の報道内容はワイジェイFX!がビットコインアルゴの株式を40%取得するとのことでした。2019年に追加出資をおこない、仮想通貨事業に参入するという旨の報道でした。

しかし、23日中にビットコインアルゴが公式プレスで「本件は当社が発表したものではありません」と発表、Yahoo側も翌日に報道を否定したという流れになっています。

両者の公式プレスからわかるのは事業が交渉段階であることのみです。交渉内容も明らかにされておらず、株式を取得するのかといった交渉の詳細は明らかではありません

 

ワイジェイ!FXとは

ワイジェイ!FXは2003年に設立された株主100%Yahooの会社です。Yahooの子会社ということですね。FXをやっている人であれば、みんなが知っている、いわゆる「大手」の業者になります。

もともと、FXから仮想通貨に参入した会社はGMOとDMMがあります。なので、報道直後は「Yahooも参入するのか!」という期待感もあってか話題になりました

 

ビットコインアルゴとは

おそらく、この報道で一番気になるポイントは「ビットコインアルゴ」という仮想通貨業者でしょう。ビットコインアルゴは取引所ですが、実はまだサービスを開始しておらず、ビットコインアルゴ自体の事業は準備段階となっています。

しかし、昨年12月、金融庁に登録されています。Yahoo側にとっては金融庁に登録済みの仮想通貨業者を大きなメリットといえます。

ビットコインアルゴのHPを見れば、いくつかのサービス内容が確認できます。いくつかまとめてみました。

・ビットコインアルゴの手数料

日本円入金 0 円
日本円出金 400 円
ビットコイン入金 0 BTC
ビットコイン出金
※ビットコインネットワークへのトランザクション手数料 0.0005 BTC

・会社概要

設立 2017年5月

資本金 1000万円

手数料だけホームページに記載がありますが、取り扱い通貨やサービスがいつ頃開始されるのかなどは不明です。

 

今後の展開と影響

両者のプレスだけでは今後どうなるのかというのは、まったくわかりません。もしかすると、交渉がうまくいかず、話し自体がなくなるという可能性もおおいにあります。

しかし、Yahooが本当に仮想通貨事業に参入することになればビッグニュースです。今年はSBIの参入が予定されていますが、大手の会社が仮想通通貨事業に参入するのは、業界全体のサービス向上につながります。

また、少なくともこの報道でYahooが仮想通貨事業に参入または興味があるということはわかりました。それだけでも仮想通貨業界にはプラスのことなので、今後も関連ニュースがあれば注目していきたいですね。

参照元:https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/24a/

 

3月24日のビットコイン相場

本日のビットコインのチャートを確認してみましょう。25日0時から21時30分までの5分足チャートです。

94万円台から価格は下落。本稿執筆時点で約89万円近辺の推移となっています。ここ数日のビットコインは乱高下を繰り返す調整相場となっており、トレンドが出ない相場になっていますね。

今週、20日には投資アドバイザー、トム・リー氏がアルトコイン市場の予想を発表しました。4月というのは一般的に四半期の始めりで、為替や株ではトレンドが出る時期です。なので、仮想通貨市場も新しいトレンドが発生するか注視したいところです。

 

仮想通貨を取引するなら

仮想通貨を取引するのであれば、完全にDMM Bitcoin一択でしょう。

なぜなら、アルトコインのレバレッジ取引ができるからです。

これは国内の取引所では唯一、DMM Bitcoinだけとなっています。

レバレッジ倍率は最大5倍です。また、ライトコインやリップルといったその他のアルトコインのレバレッジ取引もできます。

 

 

また、DMM Bitcoinはスマホ画面の見やすさも評判があり、スマホアプリの使いやすさは国内取引所No.1といってもよいと思います。

 

 

もともと、DMMのFX口座は60万口座が開設され、国内第一位の業者として有名です。

その大御所が仮想通貨界にも参入してきたのは大きな話題となっています。

上述したように、4月に入ってからトレンドがでる可能性は大いにあります。まだ、口座を開設していないかたは早めに解説して機会損失をしないようにしたいですね。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨取引所

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.