山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットポイント不正流出 顧客へ現物補償か?

投稿日:

7月11日から12日にかけて発生したリミックスポイントの子会社で、

仮想通貨交換業を営む株式会社ビットポイントジャパン(以下BPJ)が、

今回の仮想通貨不正流出事件の続報を出しました。

 

仮想通貨不正流出額と補償

今回の不正流出事件での流出額は約35億円とされていましたが、

調査の結果、仮想通貨の流出額は約30億2000万円だった事を発表しました。

加えて、不正流出してしまった仮想通貨については、

現物での補償が可能である状態と公表しています。

 

ビットポイントから流出した総額約30億2000万円の内、

顧客分約20億6000万円

ビットポイント保有分約9億6000万円と発表しています。

※換算レートは2019年7月11日16時時点の価格となっています。

 

不正流出した仮想通貨一覧

今回不正流出してしまった顧客預かり仮想通貨5銘柄

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)

上記5銘柄の流出分を「流出分相当の仮想通貨を調達するなどして、既に保有しております。」と伝えており、

既に現物で補償可能である事を示しています。

 

流出から数日で現物での補償が可能という発表により、

仮想通貨取引所ビットポイントを利用している顧客に安心感を与えると同時に、

対応の早さを見せる事による顧客の信頼回復に努めています。

 

イレギュラーな事件が発生してしまった場合、

最悪なケースは対応が遅い事です。

不誠実な印象を与えてしまう事が顧客の信頼を失う事に直結する為、

今回のBPJが行った対応は第三者視点から見ても納得の行く結果に繋がると思われます。

 

海外の取引所でも流出を確認

顧客から預かっている法定通貨に関しては流出はいないとしていますが、

海外で約2億5000万円分仮想通貨が流出している事も発表しています。

 

今後の取引所ビットポイントにおけるサービス再開については以下のように示しています。

外部専門家の協力も仰ぎながら原因の究明、再発防止策の構築、経営管理体制の見直し等を可及的速やかに行い、事業継続に努めてまいります

 

内部だけでの解決を目指すのではなく、外部からの協力を仰ぐ事により、

原因の究明、対策をより早く行えるように努めてくれているようです。

 

まとめ

国内だけではなく、海外でも不正流出が確認されましたが、

現物補償早期サービス再開に向けてビットポイントは動き続けています。

仮想通貨の不正流出が無くなるように取引所のみならず、

投資家自身がコールドウォレットなどに保管する事で対策をする事も大事なのかもしれませんね。

 

株式会社リミックスポイントから今回の仮想通貨不正流出事件の続報が入り次第、

皆様にお伝えしたいと思います。

 

関連記事:【緊急速報】仮想通貨取引所ビットポイントにハッキング【不正流出35億円】

 

 

 

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.