仮想通貨ニュース

ビットコイン、今後10年で100万ドル到達か、取引所クラーケンCEOが分析 / MicroStrategy社が再び10億円相当のビットコイン買い増し

投稿日:

ビットコイン、今後10年で100万ドル到達か、取引所クラーケンCEOが分析

要点

・クラーケンのCEO、パウエル氏は「BTCは次の10年間で100万ドルに達する可能性がある」と分析

・クラーケンがIPO(新規株式公開)を来年に予定している事も発表

仮想通貨取引所クラーケンのCEO、ジェシー・パウエル氏が
ビットコインに対する非常に強気な見方を示しました。

ブルームバーグテレビジョンとのインタビューに
応じたパウエル氏は

「ビットコインは次の10年間で100万ドル
(約1億700万円)に達する可能性がある」

と述べています。

ちなみに3月6日13時現在のビットコインは約4万8千ドルです。

さらに同氏はスケールの大きな
予想図を広げます。

「ドル換算で見ればビットコインは無限だと考えざるを得ない」

 

「支持者の間では、将来的にビットコインは
全ての主要な法定通貨に取って代わる
可能性もあると考えられている」

 

「ビットコインの行き着く先は月や火星であり、
最終的には世界の通貨だ」

と熱弁しました。

ジェシー・パウエルCEOはまた、
クラーケンの新規株式公開(IPO)を
予定していることを明らかにしました。
恐らく来年になるだろうとのことです。

 

■ネットの反応

クラーケン・パウエルCEOのあまりに壮大で夢のある展望に

投資家からは懐疑的な声もありますが、

彼の指摘するビットコインのポテンシャルはもっともだと

傾聴して可能性に賭けようとする人達も見られました。

100万ドルという数字をさておいても、

ビットコインの大きな成長や世界的普及の可能性は

あり得るでしょう。

 

MicroStrategy社が再び10億円相当のビットコイン買い増し

要点

・3月5日にMicroStrategy社が10億円相当のBTC買い増しを報告

・MicroStrategy社は、米上場企業で最もビットコインを保有している

ナスダック上場企業MicroStrategy社が5日
1,000万ドル(10億円)相当の現金で
ビットコインを買い増しした旨を報告しました。

購入数は、約205 BTCです。

MicroStrategy社によるBTC大量買いは
3月において二度目になります。
前回は3月1日に1,500万ドル(16億円)の
ビットコインを買い増ししました。

今回の平均取得価格は
4万8千ドル(約530万円)とのこと。

同社のビットコイン保有数は、約9万1千BTCで
最もBTCを保有する米上場企業になります。
これは第二位のテスラの保有数(4万8千BTC)を
倍以上の大差で突き離す数字です。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン、今後10年で100万ドル到達か、取引所クラーケンCEOが分析』について

・クラーケンのCEOが「BTCは10年で100万ドルになる可能性がある」と強気発言

・また、クラーケンが来年のIPO(新規株式公開)を計画していると発表

■『MicroStrategy社が再び10億円相当のビットコイン買い増し』について

・米上場企業で最もBTCを保有するMicroStrategy社が約10億円相当を買い増し

・3月に入ってから二度目の大量買い集めとなる

 

クラーケンのジェシー・パウエルCEOの思い描く

「ビットコイン価格が次の10年で100万ドルに達する可能性」は

多くの投資家には驚きの非常に強気な見解と映ったようですが、

一方で大口の企業によるBTC買い集めは継続されており、

世界の金融市場においても仮想通貨取り扱いが拡大するなど、

ビットコインの勢力を裏付けるニュースが多々報道されています。

予言通り10年か、あるいはもっと時間を要するかも知れませんが

そう遠い夢ではないかも知れません。

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.