仮想通貨ニュース

世界三番目のビットコインクジラが、155億円相当のBTCを買い増しか / バイナンス、仮想通貨銘柄「Biconomy(BICO)」の新規取扱を発表

投稿日:

世界三番目のビットコインクジラが、155億円相当のBTCを買い増しか

要点

・世界三番目の規模のビットコインクジラが、155億円相当のBTCを買い増ししたとの報告

・同保有者は現在118,017BTCを保有しており、平均取得価格は21,160ドルとされる

世界3番目のビットコインクジラは
仮想通貨ビットコイン反発の際、
155億円相当のBTCを買い増しした模様です。

ウォレットの活動を投稿したのは、
オンチェーンデータを提供する
CryptoQuantで認定されたアナリスト
「@venturefounder」です。

同氏は

「世界3番目のビットコイン大口ウォレットが
約50,600ドルの価格帯で、
2,702BTC(約155億円)を購入しウォレットに追加した」

と指摘しました。

投稿によると、このウォレットは
現在118,017BTCを保有しており、
同ウォレットにおける最も高い保有数。
また、これまでの記録から、
保有者は平均取得価格21,160ドルで、
計2,800億円を使ってビットコインを購入していたといいます。

一方、@venturefounderは
個人のウォレット以外の可能性について、
ロビンフッドなどの取引所の在庫補充も
挙げられそうですが、
送金高とパターンからその可能性は低いと説明しました。

また、オンチェーンの大口送金を探知する
@whale_alertは7日に、
取引所バイナンスから、
機関投資家向けのカストディサービスXapoへ、
14,124BTC(約810億円)が送金されたことを掲載しました。

 

■ネットの反応

ビットコインの下落が落ち着いて、徐々に価格が上がっている背景には

このようなクジラの大量買いがあったようです。

 

バイナンス、仮想通貨銘柄「Biconomy(BICO)」の新規取扱を発表

要点

・大手仮想通貨取引所のバイナンスは、新規上場する仮想通貨銘柄を発表

・同銘柄は「Biconomy(BICO)」で、日本時間10日15時に取引開始する予定

 

仮想通貨取引所バイナンスは9日、
新規上場する銘柄を発表しました。

上場対象の銘柄は、Biconomy(BICO)です。

日本時間10日15時に取引開始する予定です。
入金はすでに開始しています。

取引ペアについては、

BICO/BTC、
BICO/BUSD、
BICO/USDT

として提供するとのことです。

Biconomyはマルチチェーンの
dAppsにつながる分散型ネットワークで、
エイティブトークンのBICOは
ネットワーク費の支払いやアップグレードの投票で用いられます。

なお2日に、コインベースにも上場しています。

 

今回の記事のまとめ

■『世界三番目のビットコインクジラが、155億円相当のBTCを買い増しか』について

・世界三番目の規模のビットコインクジラが、155億円相当のBTCを買い増ししたとの報告

・同保有者は現在118,017BTCを保有しており、平均取得価格は21,160ドルとされる

■『バイナンス、仮想通貨銘柄「Biconomy(BICO)」の新規取扱を発表 』について

・大手仮想通貨取引所のバイナンスは、新規上場する仮想通貨銘柄を発表

・同銘柄は「Biconomy(BICO)」で、日本時間10日15時に取引開始する予定

 

本日のビットコイン価格は、560万円ほどです。

クジラの大量買いのニュースはありましたが、さして大きな好材料には

ならなかった模様です。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.