仮想通貨ニュース

【1月21日概況】ビットコイン短期反発も撃墜!!週末は天下分け目の戦いに?!

投稿日:

ビットコインの1月21日の動きは、想定通り496万円まで短期反発したものの、その後値を飛ばしています。
470万円を一時的とは言え下回ったことにより、弱気がまだ出てきて、

週末は売り方と買い方の天下分け目の戦いになりそうです。
ビットコインの1月21日の概況について解説します。
(この記事は1月21日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

1月20日午前7時からの動き

1月20日午前7時、477万円で推移していたビットコイン、1月20日更新の記事で書いた通り、2番底形成の形から短期反発の動きとなります。
日付が変わる頃には496万円に上昇し、短期レジスタンスをブレイクする展開でしたが、1月21日午前5時から再び大きな売りが出てきて、午前7時時は468万円へと下落します。
午前7時現在、472万円で推移していおり、サポートのブレイクは時間の問題のようです。

小さいレンジのビットコイン!2番底形成で流れが変わるか?・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-221/

 

2歩進んで3歩下がる!週末は天下分け目の戦い

今回の動きは、1日くらいの時間で、4.3%上昇し、5.3%下がる、2歩進んで3歩下がる動きとなり、最近のトレンドとなるような形です。
この動きを受け、週末は買い手と売り手の天下分け目の戦いへとなりそうですが、買い手は背水の陣をひく展開です。
450万円を下回る展開も予想され、そこを下回った場合は400万円、NY時間に売りが出ていることから、板が薄いところを売り崩し、最悪のケースで300万円まで売られることもあるため、注意が必要しましょう。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは468万円の位置に短期サポート、中期サポートがあります。
レジスタンスは短期レジスタンスがブレイクされた後、501万円の位置に発生する予定です。
日本時間に買いが集中していたため、逃げ遅れた人を投げさせる目的で、売り仕掛けが出てきてもおかしくありません。
大暴落気配があるため、安値更新が止まるのを待ってからのほうがいいでしょう。

 

まとめ

ビットコインの1月20日の動きは、500万円近くへと上昇したものの、その後撃墜される動きになっています。
この動きを受け、週末は天下分け目の戦いへと移りそうです。
日本時間に買いが偏ってるため、投げさせるための売り仕掛けに注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.