仮想通貨ニュース

【12月26日短期予想】ビットコインクリスマス休暇終了?!年末から1月にかけ税金調整の売りりに注意?!

投稿日:

クリスマスを挟んだビットコインの動きは、市場参加者がいよいよ減り、凪の状態に終始しました。
今週はいよいよ年末相場へと移行し、1月にかけての税金調整の売りが発生しやすくなります。
ビットコインの12月26日の概況について解説します。
(この記事は12月24日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

クリスマス休暇モード?!12月23日午前7時からの動き

12月23日午前7時、222万円で推移していたビットコイン、連休中は223-225万円の範囲で凪の状態で推移しました。
午後10時に225万円をつけるも上抜けることはなく、その後は買われる動きもなく、

クリスマス休暇で益々動きを無くしています。
26日午前7時現在は224万円で推移し、週明けの先物市場の動きを待っている状態です。

 

税金調整の売りが発生?!年末にかけ、下がる可能性も?!

去年ベースで見ると、ビットコインは27日頃から下げ始めており、その売りは1月まで続いています。
この売りは税金を調整するための売りであったと推測されます。
2022年は仮想通貨で損失を抱えている人が多く、税金調整の売りは少ないと思われがちですが、

仮想通貨の税金は各国でバラツキが多く、動きが悪いときでも調整の動きは出やすいです。
12月に入り、ここまで大きな調整を行わず、調整不足であるため、今週から年末にかけて下落する可能性があるでしょう。
円ベースでは年初来安値をスレスレで推移しており、少しの動きで大底抜けも考えられます。
1月下旬ごろまで、季節要因的にパフォーマンスが悪いでしょう。

クリスマス休暇モード・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-440/

 

本日のサポート&レジスタンス

 

本日のサポートは、219万円の位置に短期サポート、中期サポートが切り上がっています。
直近安値を下回ると、簡単に下に行きそうで注意が必要です。
レジスタンスは228万円の位置で、週明けの本日はまだ調整の売りも出にくく、

ハメ込みの動きでブレイクされてもおかしくなさそうです。
23日午前2時につけた安値から3日以上経っており、一度短期反発が出そうな動きです。

 

まとめ

ビットコインはクリスマス休暇に入り、動きを無くし凪の状態になりました。
今週は税金調整の動きが発生しやすく、大底抜けに注意したい週となります。
年末から1月にかけパフォーマンスが低下しやすい時期になり、注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.