山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインETFが取り下げ!米政府機関閉鎖が影響か!今後の展開をCEO自らが発言!

投稿日:

昨日、上場最有力とされていたVanEcK社のビットコインETFが取り下げられました。

ヴァンエックCEOは、米政府機関の閉鎖により取り下げをしなければいけなかったと述べています。

要点

・米政府機関閉鎖の影響、今後は?
VanEck社のCEOによると、取り下げ理由は政府機関閉鎖とのこと。しかし、今後SEC(米証券取引委員会)が復旧したら再申請していると述べており、前向きな見解を示しています。

 VanEck版ビットコインETFの申請取り下げ

ETFがついに取り下げられた!CNBCがETFに着目したショーをプロデュース。WallachBeth のアンディ Mcormond は、セグメント初演中に思慮深い観察を提供するため

24日、明朝VanEck版ETFの取り下げが発表、すでにSEC側の公式文書でも発表されました。

取り下げられたのは、2月27日が判断期限で、CBOE(シカゴオプション取引所)に上場される最も有力視されていたETFです。

VanEck社CEO、ヴァンエック氏は同日CNBCに出演。

取り下げた理由は、現在も続いている米国の政府機関閉鎖だと述べました

同氏は、SECと協議を続けていましたが、政府機関の閉鎖によりそれが困難となり、やむを得ず申請を取り下げたと解説しています。

今回、注意したい点として、CEOが語るように、申請はSEC側から否認されたわけではなく、VanEck社自ら申請を取り下げたということです。

ここにこのニュースの重要性と今後の動向へのヒントが隠されています。

 

VanEck社はSECとの関係を重視か

ビットコインETF承認は確実!?申請企業のVanEck社が語る!「取引初日だけで1000億円規模になる」との発言も

シルヴィンスキー弁護士も述べていますが、VanEck社はおそらくSECとの良好な関係を築くため、「政府機関閉鎖」という非常事態に紛れて申請を通すとうことは避けたかったのでしょう。

このまま政府機関閉鎖が続き2月27日を過ぎると、ETFは自動承認される可能性もあるからです。

VanEckとSECの関係は、ビットコインETFだけではなく、すでに60年以上に渡って協議を続けてきたと上記の記事内で以前述べています。

 

今後もVanEck版ETFは強い材料として注目か

ヴァンエック氏は、今後SECが復旧したら再申請をすると先のCNBC内で発言しており、完全に消滅したというよりかは一時的になくなったと考えた方がよさそうです。

また、デジタル資産部門のディレクターを務めるガーバー・ガーボック氏も下記のようにツイート。

ビットコイン ETF の申請は一時的に取り下げられました。私たちは、規制当局や主要市場参加者と積極的に協力して、ビットコイン ETF とデジタル資産全般の適切な市場構造の枠組みを構築しています。あなたが更新を維持します。

今後もSECとの協議は続けていくとの見解を示しています。

今後の動向としては、米政府機関が復旧すればVanEckは再申請するとのことなので、引き続き市場の価格上昇材料には変わりません。

 

まとめ

上場最有力とされていたVanEck社は、申請していたETFの取り下げを発表。

同日CNBCに出演したCEOによると、米国政府機関閉鎖によりやむをえず取り下げたとのことです。

しかし、SECが復旧すれば、再申請するとすでに発言しており、その際は市場の価格上昇材料として再び注目を集めることは間違いないでしょう。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.