仮想通貨ニュース

中国からアメリカに3トンのビットコインマイニング装置が空輸 / 日米株式市場は前日から大幅反発!ビットコインは依然低調

投稿日:

中国からアメリカに3トンのビットコインマイニング装置が空輸

要点

・中国からアメリカに3トンものビットコインマイニング装置が空輸される

・中国からの空輸目的については不明だが、中国国内の仮想通貨規制が関係すると思われている

中国の物流会社は、
3トンにのぼるビットコインマイニング装置を
アメリカのメリーランド州に空輸しています。

この様子はCNBCの北京特派員、Eunice Yoon氏によって
ツイッターに投稿されました。

Compass Miningのトーマス・ヘラー氏は
この重さのマイニング装置は
「約200台分のS19に相当する」と
CoinDeskに語っています。

アントマイナー(Antminer)S19 Proの重さは、
1台あたり約15.2kgです。

続けてヘラー氏は

「3トンは大変な重さに聞こえるが、
定期的に出荷されているマイニング装置の量に比べると、
ほんのわずかな量に過ぎない」

と付け加えました。

 

■ネットの反応

中国側からの空輸目的については言及されていませんが、

中国国内の仮想通貨規制の激化により、アメリカに

マイニング拠点を移そうとしたのではないか、との

見方もあるようです。

 

日米株式市場は前日から大幅反発!ビットコインは依然低調

要点

・日経平均株価、22日は大幅反発で一時870円高

・米国株式市場も大幅に上がっているが、ビットコインは低調

本日の日経平均株価は
前日の953円安から大きく反発して
14時現在で874円高となっています。

米ダウ平均株価も6営業日ぶりに大幅反発しました。

前日分からのリバウンド狙いで
買いに入った人が多かったと
見られています。

JPX日経インデックス400と
東証株価指数(TOPIX)も大幅反発。
東証業種別では、海運が8%高と
突出しています。

その一方で、ビットコイン価格はほぼ横ばいです。
現在は360万円台となっており、
仮想通貨市場も全面安となっています。

 

 

今回の記事のまとめ

■『中国からアメリカに3トンのビットコインマイニング装置が空輸』について

・中国からアメリカに3トンものビットコインマイニング装置が空輸される

・空輸目的については明かされていない

■『日米株式市場は前日から大幅反発!ビットコインは依然低調 』について

・22日の日経平均株価は前日のマイナスをほぼ全戻しする勢いで反発

・米ダウ平均株価も6営業日ぶりに大幅反発

 

「中国から3トンものマイニング機器がアメリカに空輸されている」という

記事のインパクトは今もツイッタートレンドに食い込むほど

国内のネット上で反響を呼んでいます。

中国国内の仮想通貨がそれだけ本格的に激化したことを

物語っているのは確実でしょう。

今後それによってビットコイン価格がどう変化するか、

近いうちに大きく動きそうな予感があります。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.