山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

投稿日:

連日、様々な専門家の見解が報道されていますが、仮想通貨スタートアップ企業「シビック」CEOが新たに見解を示しました。

同氏は、今後3ヵ月から半年の間が市場にとって重要な時期になるとコメントしています。

要点

・慎重派の見解
今回の暴落に関しては、専門家の中でも意見が分かれており、しばらく低迷が続くという慎重派の意見もあります。

 仮想通貨市場は今後半年間が重要な期間

ビビン・リンガム氏(Civic CEO)は、ビットコインが実際に復活できるかどうかについて語っています。

リンガム氏は、CNBCのインタビューに応じ現在の市場の低迷と今後について展望を述べました。

同氏によると、ビットコインは今後3ヵ月間から半年のうちは30万円から50万円(3000ドルから5000ドル)で推移すると予測。

現在の低迷がしばらく続くとの見解を示しました。

また、30万円は割り込まないだろうとしながらも、今後半年間のうちに価格が回復しなければ、次の安値1500ドル(15万円)まで下落する可能性があると慎重な意見を述べました。

ただ、完全に弱気というわけでもなく、再び価格が上昇し始めれば、市場はまた上昇トレンドに復帰するとも述べています。

また、リンガム氏は「ビットコイン」と限定した言い方をしていますが、ニュアンス的には仮想通貨市場全体のことをさしているでしょう。

 

2019年の半年間は市場にとって勝負の年か

直近の専門家の意見をまとめると、2019年に入ってからの半年間は市場にとって勝負の時期になりそうです。

まず、今回の下落を正確に指摘していた仮想通貨投資家ウー氏は、2019年6月までに市場が底をつけると分析。

2019年6月?2020年まで!?市場の低迷はいつまで続くのか!3名の専門家による見解

また、米著名投資家ノボグラッツ氏は、2019年3月までに市場が反転するとの見解を示しています。

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

ノボグラッツ氏は、年明けから開始されるBakktやFidelityといったサービスで、大口マネーが参入してくると指摘。

12月27日は、最も有力視されているVanEck社のビットコインETF可否判断も控えているので注目でしょう。

直近では、価格が下落しているので、上昇材料はあまりメディアで取り上げられませんが、決して価格の上昇要因がなくなったわけではないので年明けからの相場動向は特に注視したいところですね。

 

まとめ

リンガム氏の見解が正しければ、今後3ヵ月から半年間は仮想通貨市場にとって注目の時期となりそうです。

また、同氏が指摘している「ビットコイン3000ドル」も、多くの専門家・投資家が注目している価格帯なので、まずはそこをサポートできるか注目でしょう。

ノボグラッツ氏も指摘しているように、年が明けてからすぐに価格上昇のイベントが多く控えています。

しばらくの間は、相場が動く日が続いているので、トレーダーにとっては退屈しない期間となりそうですね。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また上記の記事のように、今後しばらくの間は相場が上下する可能性があり、デイトレードなどのチャンス相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.