山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

米大手取引所コインベースが日本へ進出!仮想通貨業界の盛り上がりに期待!

投稿日:

 

米最大級の取引所コインベースが日本の仮想通貨市場へ進出するのが明らかになりました。

4日の日経新聞が報じています。

要点

・コインベースとは

アメリカで1300万人以上のユーザーを抱え、ウォレットの開設は3800万人にのぼる。

上場してまもなく時価総額が10億円を超えたユニコーン企業

・日本の仮想通貨業界の盛り上がりに期待

海外の大手取引所が進出することで、手数料やサービスの改善が見込める

三菱東京UFJやICEが出資へ

日本法人の社長にはTHEOなどの金融サービスを展開する「お金のデザイン」最高執行責任者(COO)を務めた北沢直氏が就任します。

その他、出資者には三菱東京UFJニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所(ICE)が名を連ねています。

かなり規模が大きい事業になりそうですね。

三菱東京UFJは、16年にコインベースへ約10億円を出資しており、日本の法整備などのサポートすることが考えられます。

 

海外の巨大企業が参入することで日本の仮想通貨サービスの進展に期待

コインベースが日本に進出することの一番のメリットは、仮想通貨サービスの改善です。

国内の取引所は手数料が海外の取引所よりも高く、個人投資家からの不満もあります。

コインベースや先日発表されたSBIバーチャルカレンシーなど巨大な企業が参入することにより、業界の競争が強まり、手数料やセキュリティーといったサービスが改善される可能性が高いです。

https://twitter.com/eddie_gtr_xrp/status/1003646320282726401?s=21

コインベース最大の強みはセキュリティー

コインベース最大の強みはセキュリティーです。

「セキュリティーや投資家保護が強みになると判断し参入を決めた」とコインベース側はコメントしているように、海外の取引所ですが、

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.