仮想通貨ニュース

英エコノミスト調査「仮想通貨普及の最大の障害は知識不足」 / 著名投資家ビル・アックマン氏「仮想通貨には投資しない」

投稿日:

英エコノミスト調査「仮想通貨普及の最大の障害は知識不足」

要点

・英エコノミストの調査部門が「仮想通貨の普及における最大の障害は知識不足」と発表

・米国においては成人の3分の2近くが仮想通貨の知識を得ることに意欲的である

英エコノミストの調査部門である
エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は
仮想通貨に関する知識不足が
普及の大きな障壁になっている
という調査結果を公表しました。

EIUが発表したレポートである
「Digimentality 2021」によると、
回答者の51%がビットコインやETHなどの仮想通貨に
参入する際の障害は知識不足であると回答。

34%がセキュリティ上の懸念を、
29%がどこで購入すればいいかが不明な点を挙げました。

機関投資家や企業による
仮想通貨の受け入れの障害になっている理由
について聞いたところ、
最も多かったのが、

「仮想通貨市場全体の信頼や理解が最大の障害」

であるという回答で、47%を占めています。

仮想通貨取引所ジェミナイの最近の調査によると、
米国の成人の3分の2近くが、
仮想通貨についてもっと知りたい、
あるいはすぐにでも保有したいと考えています。

 

■ネットの反応

近い将来、仮想通貨がパソコンやスマホのように全世界のあらゆる層に

普及する日が来るのでしょうか。

楽しみに見守りましょう。

 

著名投資家ビル・アックマン氏「仮想通貨には投資しない」

要点

・米国の億万長者の投資家ビル・アックマン氏が仮想通貨に投資するつもりはないと明言

・仮想通貨の価値は認めつつも、あくまで投機対象であるとの考えを示した

米投資企業
「Pershing Square Capital Management」の
CEOで、億万長者の著名投資家ビル・アックマン氏が
仮想通貨には投資しない意向を示しました。

氏はYouTubeの動画内で
すでに仮想通貨が普及していることは認め、
新たなビジネスチャンスを生んでいることは
興味深いと説明しました。

しかし、ビットコインもその他の銘柄も、
あくまで投機対象の資産だとする考えを示し、

「人が買った仮想通貨を、
誰か他の人が購入することができるということ
以上の価値はない」

と語っています。

また、アックマン氏は今月、
「ウォール・ストリート・ジャーナル」のインタビューでも
仮想通貨投資に否定的な意見を語っています。

 

今回の記事のまとめ

■『英エコノミスト調査「仮想通貨普及の最大の障害は知識不足」』について

・英エコノミストの調査部門が「仮想通貨普及の最大の障害は知識不足である」と公表

・なお次ぐ二番目の要因は「セキュリティ上の懸念」というデータに

■『著名投資家ビル・アックマン氏「仮想通貨には投資しない」 』について

・米国著名投資家のビル・アックマン氏が仮想通貨に投資しないとコメント

・氏は仮想通貨自体の価値は否定しないものの「あくまで投機対象」と強調した

 

仮想通貨の普及に関しては企業の参入のおかげで

徐々に進行していると思われますが、高騰と暴落の振り幅が激しいことから

世間一般の人達は不安を煽られているケースが少なくありません。

ボラティリティが落ち着いてくれれば投資家にとっても

参入しやすくなると思われますが、もうしばらくは荒れ模様が続くでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.