山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【10/1】今週の仮想通貨市場はどうなる?注目の四半期突入でイベントや相場動向に注目か!

投稿日:

本日から今年最後の四半期に突入しました。

仮想通貨市場が上昇しやすい四半期に入った中、価格の動向が注目されています。

今週の注目価格や材料をまとめました。

要点

・イベント揃いの四半期に突入
多くの材料やイベントがある中、注目の四半期に突入した価格動向に注目です。

注目の四半期に突入し今後の価格動向に注目か

ビットコイン円

今年は価格が低迷してきた仮想通貨市場ですが、いよいよ今週から価格の上昇しやすい四半期に突入します

ビットコインに関しては、今年何度も6000ドルのサポートを維持(チャート赤い点線の箇所)。

年後半に価格が上昇していけるかに注目でしょう。

ビットコインに関しては直近で76万円、前回高値82万円を突破してくると、チャート形状が回復しさらに価格が上昇する期待も持てます。

チャート上からは、完全に底をつけたとはまだ言えませんが、今週以降6000ドルを維持しつつ、直近のレジスタンスを超えていけるかが注目ポイントです。

また、コインマーケットキャップによるビットコインドミナンスは51%台にまで低下。

XRPやビットコインキャッシュなど、多くのアルトコインも上昇しバランスの良い市場になっていると言えます。

なので、やはりビットコインがレジスタンスを超えてくると、仮想通貨市場全体が勢いづく可能性があるので、その意味でも注目でしょう。

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

 

SWELLを筆頭に年末へ向けたイベント消化が焦点に

本日から、アメリカでリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が開催されます。

こちらは、どちらかというと、XRP単体の材料ですが、「ブロックチェーンと金融機関の関り」というのは、ブロックチェーン業界全体のテーマでもあるので、発表によっては相場が大きく動く可能性も考えられます。

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

また、11月にはBakktの現物受け渡し型先物リリース、12月にはビットコインETFの可否判断が控えています(明確な可否判断日程は不明です)。

上記のBakktの「現物受け渡し型先物」というのは、先物取引で実際のビットコイン(現物)を受け渡すということです。

つまり、取引量の分、Bakktはビットコインの現物を確保しなければいけません。

なので、ビットコインの価格に影響が大きいものとされています。

とにかく、10月からはこうしたイベントが多く控えているので、それを踏まえた相場動向に注目でしょう。

 

まとめ

ビットコインに関しては、引き続き6000ドルのサポート維持しつつ、6800ドルのレジスタンス、節目7000ドルの突破に注目でしょう。

8000ドルを超えてくると、本格的に年初から続いていたダウントレンドの転換が濃厚となってきます。

また、今週はSWELLが開催されるので、最近上昇基調にあるXRPの価格動向にも注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.