仮想通貨ニュース

東証1部上場のゲーム企業ネクソン、110億円相当のビットコインを購入!国内初の事例 / イーサリアム最高値更新!高騰の背景はこちら

投稿日:

東証1部上場のゲーム企業ネクソン、110億円相当のビットコインを購入!国内初の事例

要点

・国内オンラインゲーム企業大手のネクソンが資産として1億ドル相当のBTCを購入

・国内の上場企業としては初の事例

東証1部上場企業で、オンラインゲーム企業の
株式会社ネクソンは28日、
1億ドル(110億円)相当のビットコインを
購入したと発表しました。

ネクソンの発表によると、
1BTCあたりの平均取得価額は約58,226ドル。
計1,717BTCを保有したそうです。

海外では、テスラやマイクロストラテジーなど
数々の上場企業が、
「米ドル」のインフレヘッジ資産として、
ビットコインを購入・大量保有していますが、
国内上場企業が、ビットコインを財務資産に組み入れるのは
初めての事例となります。

ビットコインの購入について、
ネクソンのオーウェン・マホニー代表取締役社長は
次のように述べています。

「今回のビットコイン購入は、株主の利益を守り、
そして当社が保有する現金の購買力を維持するための
戦略を反映するものです」

 

「現在の経済環境下において、
ビットコインは流動性の高い長期的な安定資産であり、
将来の投資における
現金の価値を維持するものだと考えています」

株式会社ネクソンは2011年に東証一部に上場した
大手オンラインゲーム制作会社で
『メイプルストーリー』や『カートライダー』、
『アラド戦記』といった
代表的なシリーズ作をグローバルに展開しています。

 

■ネットの反応

ビットコインを大量保有する上場企業がついに国内からも現れました。

このニュースは「ビットコインの資産価値を日本の大企業が認めた」

ことを意味していますので、国内の投資家たちはその事実に

わきたっています。

 

イーサリアム最高値更新!高騰の背景はこちら

要点

・26日の市場でイーサリアムが過去最高値を更新

・18日に急落したものの、好材料に後押しされ高騰

イーサリアムが、過去最高値を更新しました。

前日比+6%の高値2,665ドル(約290,000円)を付けています。

18日にビットコイン価格下落と共に、
連れ安したイーサリアムですが
その後の買い戻しで底堅く戻し、
26日に大幅反発した仮想通貨市場で
最高値を更新しました。

イーサリアムには大きく分けて5つの材料があると言われています。

①カナダの証券取引所で取引される
ETFが相次いでいる

②7月に予定される大型アップデート
「ロンドン」ハードフォーク

③Uniswap『V3』のローンチ直近

④NFT・DeFi市場の活況さ

⑤イーサリアム2.0など

また、BTCドミナンス急低下に伴う
アルト市場への資金移動なども背景にあるという
見方も出ています。

 

今回の記事のまとめ

■『東証1部上場のゲーム企業ネクソン、110億円相当のビットコインを購入!国内初の事例』について

・国内東証一部上場企業のネクソンが110億円相当のビットコインを購入

・日本国内の企業で大規模的なBTC購入に出るのは初

■『イーサリアム最高値更新!高騰の背景はこちら』について

・ビットコイン急落の連れ安で下落していたイーサリアムが高騰

・ビットコインの急上昇と共に、複数の材料があったと見られる

 

ビットコイン価格は大きな上昇はないものの、底堅く推移しています。

そんな中、日本国内の東証一部上場企業がBTCを戦略的資産と認め

大量購入をしたことは、決して小さくない好材料になるかもしれません。

600万円台に返り咲いたのですから、後はどう上がるか。

ネット上では、そろそろロングでエントリーする頃合いとする

投資家の姿も見られました。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.