山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

投稿日:

SEC(米証券取引委員会)は5日、GraniteShares版ETFの意見書の期限を10月26日(米国時間)に設定したことを発表しました。

SECの新しい動きとして注目されています。

要点

・非承認はそのまま
今回の発表でわかったことは、前回の3社9つのETFの決定はそのままということです。

 GraniteShares社の意見書を10月26日に決定

SECはGraniteShares社の申請していたETFの意見書の期限を10月26日に設定したと発表しました。

GraniteShares社は8月末に申請が却下されていましたが、その後決定が保留になるという異例の展開となっていました。

今回の発表は、その決定に関し、GraniteShares社が意見書を提出、その期限を10月26日に決定するということでしょう。

 

ビットコインETFの経緯

繰り返しにはなりますが、SECはこれまで3社9つのETF申請を否決しています。

しかし、その後その決定を保留にすると発表しました。

①8月24日にProShares, GraniteShares,Direxionの3社9つのETFを否決
②翌日になって決定は保留にするという異例の発表
③決定に対する意見書提出を10月26日に設定

今までの流れをまとめると上のようになります。

加えて、今回のSECの発表で、保留中は「非承認」という決定が有効になることがわかりました。

つまり、このまま意見書を提出して何も起こらなければ、そのまま非承認になる、ということでしょう。

より詳しい経緯に関しては過去の記事を参照にしてください。

異例!SECが否決した9つのビットコインETFを再審査へ!今後の日程や注目ポイントは何か

 

注意点とETFの動向

注意点として、今回のSECの発表は、もっとも注目されているVanEck社・SoildX社のETFに関してではないということです。

ProShares, GraniteShares,Direxion3社のETFはもともと承認される可能性が低く、関係者の期待も低いです。

ちなみに、もっとも上場が有力視されているVanEck/SoildX版ETFは今のところ可否判断が12月末というのが濃厚です。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

ビットコインETFの動向に関しては、SECの専門的な法律が絡んできてややこしい部分があります。

なので、わからない方はとりあえずVanEck/SoildX版ETFの動向だけチェックするとよいでしょう。

 

まとめ

ProShares, GraniteShares,Direxion3社のETFは、相場の影響は低いものの、SECの動向をしる上では非常に重要な材料です。

今回の公式の発表も、SECが再審査へ向け動き出していることは最低限わかります。

12月末には、もっとも注目されているVanEck/SoildX版ETF可否判断も控えているので、年末にかけて今後もSECの動向には要注目です。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.