山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

読売新聞にも掲載されたリップル(XRP)が400円を超え、428円まで到達!高騰はもう止まらない?

投稿日:

2018年1月4日 勢い落ちる事なく、リップル(XRP)が400円台をついに突破

論より証拠。

まずはこちらをご覧ください。

すでに400円台を突破し、尚且つ勢いが止まる事を知りません。

チャートサイトのレートでは428.67円にまで高騰を続けており、

なんと、リップルは一年足らずで約500倍に急成長。

もはや超成長と言ってもいいでしょう。

時価総額もビットコイン半分程度にも及ぶ

約16.7兆円!!

末恐ろしい子に育っています・・・

リップル(XRP)の急成長を支えた要因は?

仮想通貨バブルが止まる事を知らない昨今ですが、

何故リップル(XRP)はこれほどまでに値上がりを続けられるのか?

高騰を支える要因を確認していきたいと思います。

①送金の速さ

仮想通貨の人気が凄まじい分、

仮想通貨での送金もそれに比例して増えていきます。

そこで問題になってくるのが送金の速さ。

リップル(XRP)は他と比べてどれ程早いのか?

こちらをご覧ください。

 

※TPSとはTransactions Per Secondの略で、毎秒何件の取引処理を行えるのか?という意味です。

 

最近では、仮想通貨の送金スピードが問題視されるようになっており、

その不便さが原因で値下がりをする可能性すらあります。

その点、リップル(XRP)はビットコインの50倍近い送金スピードを誇ります。

ビットコインが毎秒32件の取引しか対応出来ないのに対し、

リップル(XRP)は毎秒1.500件も取引に対応出来ています。

 

いくら仮想通貨で利益を出しても、送金や取引自体がスムーズに行かないというのは

非常にストレスを感じる部分です。

その問題点をしっかりとインフラ整備し、

仮想通貨バブルに備えてきたリップル(XRP)が

根強い人気を誇っているのも納得出来ます。

②読売新聞一面に掲載。

日本で最も発行部数が多い読売新聞の一面を飾りました。

新聞の本文にはリップル(XRP)の名前は記載されていませんが、

内容としては間違いなくリップル(XRP)の事です。

読売新聞がどれほどの発行部数を誇っているのかをご存知でしょうか?

読売新聞のデータより引用

 

朝刊だけで901万部。

夕刊を合わせると11.770.219部。

1170万部を発行しています。

これが何を意味するかお分かりでしょうか?

今回のリップル(XRP)掲載により、

少なくとも901万人が仮想通貨の存在を知る事になります。

そして新聞に掲載された内容を少し調べれば、

自ずと最近話題になっているリップル(XRP)だと分かる事でしょう。

 

今後、リップル(XRP)は成長を続けられるのか?

まだ提携されていないサービス

まだ提携していない大手企業

数多くの成長する要因を残しています。

そして時間が経つにつれて

大手企業との提携や、

新たなサービスの発表により

更なる値段の高騰が期待出来ます。

超大手企業のApple社がリップル(XRP)を使用した

多額の取引を控えているというリーク情報等も出ています。

翻訳

アップル社からの新しいリーク:アップル社は、中国のサプライヤとの取引において、会社の数百万ドルを節約するためにリップルを使用することを考慮しています。

※注意 あくまで噂なので頭の片隅に置く程度にしておいてください。

 

しかしながら、日本の銀行等でも既に仮想通貨に対する取り組みは進んでおり、

今後、世界で活躍出来る通貨として

注目を浴び続けられる存在になりそうです。

他アルトコインはどうなっているのか?

大きく成長を遂げたリップル(XRP)以外の仮想通貨はあるのか?

こちらの画像はネム(NEM/XEM)のチャートですが、

リップルに置いて行かれないように、かなりの高騰を続けています。

リップル(XRP)は一年程度で500倍の成長を遂げましたが、

ネム(NEM/XEM)も一年程度で100倍の成長を遂げています。

これからもリップルをはじめ、他の仮想通貨にもしっかりと注目していきましょう。

 

リップル(XRP)をオトクに買うならGMOコイン

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

NEMをオトクに買うならZaif

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.