山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

イスラム最大手銀行でリップルのシステムを使った送金実験成功!リップル(XRP)は通貨として以外でも活躍をしている!

投稿日:

値段も徐々に好調の兆しを見せだしたリップル(XRP)ですが、

通貨としての面だけではなく、リップル社が独自に開発した技術は世界中で採用され続けています。

リップルの成長は止まりません。

 

ウジアラビア最大手銀行 アル・ラジヒでリップルの技術を使用した送金が成功!

サウジアラビア最大手の銀行 アル・ラジヒが、リップルの技術を使ってサウジアラビア支店⇔ヨルダン支店間での資金移転を成功させました。

リップルの保有する様々な技術は、安定した上に十分な送金スピードを誇っています。

世界中でリップルは導入され続けており、多くの大手金融関連がリップルとの提携を望んでいます。

 

送金手数料や速度の改善が見込まれる技術が次々と提供している。

通常、銀行や金融期間は取引において様々なタイミングで「手数料」を取っています。

更には支払いの不確実性に対して「保証人」のような役割を務め、多額の利益を上げようとしています。

それに比べブロックチェーンは検証・保証のための暗号解読システムを提供しています。

リップルにより、資金を迅速かつ自由に動かす事が可能となり、コスト削減・時間の削減に繋がるとして今後もリップルが期待されてます。

 

世界4位の送金額 アラブ首長国連邦アブダビ国立銀行(NBAD)でもリップルを導入!

アラブ首長国連邦国立銀行(UAE)は、銀行送金ファクトブックに基づき、
19億ドル以上の送金規模で4番目の送金国にランクされています。

その国立銀行が中東初のリップルソリューションを導入した銀行となり、

NBAD(アブダビ国立銀行)は、リップルを介する事により地域市場間で行われる取引に対して即座に対応出来るようになります。

尚且つ、その処理は効率的で安全面でも信頼をする事が出来る程の技術を持っています。

通常よりも安い手数料で即座に送金が出来る為、今後もリップルの技術がいかに活躍するのかが期待されています。

GTBビジネスおよびプロダクトマネジメント担当マネージングディレクターのラマナ・クマー氏は次のように述べています。

「NBAD(アブダビ国立銀行)では、当社の製品が効率的かつ透明性を確保するよう努めています。

ブロックチェーン技術は、目標を達成する上で新しい方法として顧客に役立ち、

アクセシビリティ(情報やサービスのアクセスしやすさ)と透明性を通じてその存在価値を高めます。

NBADはリップルで始めて採用された中東初の銀行として、顧客の支払いニーズに革新的な技術を提供していきます。

https://ripple.com/insights/national-bank-of-abu-dhabi-first-middle-eastern-bank-to-use-ripple-for-cross-border-payments/より引用

これにより、NBADはより多くの潜在的顧客を獲得する事に繋がるとしています。

中東でも最大手の銀行でリップルの技術が採用された事態を見て、様々な国が同様の行動を起こすと思います。

リップル(XRP)は期待されている優秀な仮想通貨というだけではなく、

世界に向け、革新的な技術を提供し続けています。

 

リップルの浸透による値段の好調化が期待される。

仮想通貨において知名度という部分は通貨にとって非常に重要な要素です。

どうすれば多くの人にその存在を知ってもらえるのか?という事に対して苦労している仮想通貨(草コインなど)も数多く存在します。

それに対してリップルは確かな技術や安全面やアクセシビリティを考慮した姿勢により、

世界中でリップル技術が採用され、世界的に必要不可欠な存在になりつつあります。

 

そういった影響もある為か、リップル(XRP)の値段も右肩下がりの状態だった数日前から一転、

値上げの傾向が続いています。

この傾向はゆっくりながら長期的に続くように感じます。

リップル(XRP)は私達の知らない所で拡大し続けています。

仮想通貨バブル崩壊から仮想通貨は終わったと思われがちですが、

リップル(XRP)に関しては「これから始まる」という印象を強く感じます。

 

リップルをオトクに買うなら?

今のうちにリップルを買うなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

今がリップルが大幅な値上がりをする前に仕込める最後のチャンスかもしれないので、購入する方はすぐに準備しておきましょう。

GMOコイン公式サイトはこちら

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.