仮想通貨ニュース

リップル社がカナダに新オフィス 技術開発の本拠地として活用

更新日:

22日にリップル社は、カナダへの新オフィス設立を明かしました
エンジニアリングの主要拠点として活用する見通しです。
今回の新オフィス設立を通して、リップル社は北米地域中心の事業成長を目指します。

新オフィス設立の詳細を見ていきましょう。
 

要点

・リップル社がカナダに新オフィス設立
技術開発体制強化のため、リップル社がカナダに新しいオフィスを開くと明かしました。

 

リップル社が技術開発体制強化のため新オフィス設立へ

22日にリップル社は、カナダ初のオフィス開設を明かしました。
技術開発における新たな主要拠点として、北米を中心とした事業を支えていく見通しです。
これをきっかけにリップル社には、さらなる事業発展が期待されます。

新オフィスの運用に向けて、すでに人材の採用計画も始まっている状況です。
地元大学との提携も計画中にあります。
仮想通貨業界での影響力を強めるため、リップル社は従来よりもさらに活動を本格化させるようです。
 

新拠点での人材採用予定

リップル社は新オフィス運用に向けて、早速人材採用の計画も明かしています。
最初にエンジニアを50名程度採用するとのことです。
一方で将来的には、技術開発のためにさまざまなジャンルの人材を受け入れます。

リップル社が将来的な採用を考えているのは、数百人規模のブロックチェーン関連エンジニアです。
なかには応用機械学習やらデータ科学者のような、専門的知識のある立場も含まれます。
これに製品マネージャーも加わる予定です。
ブロックチェーンを使った新しいサービスを運用するため、科学知識のある方だけでなく、商品運用ができる人材も雇っていくのでしょう。

リップル社は直近1年でもアイルランドのダブリンや、アメリカのマイアミにオフィスを開きました。
トロントでも、積極的な人材採用を進めていくのでしょう。
 

地元大学とも提携

リップル社はカナダの大学との提携も進めています。
新オフィス運用時は技術研究について、大学の協力を得るでしょう。
UBRI(大学ブロックチェーン研究イニシアチブ)を通し、独自のコネクションを築いているからです。
大学におけるブロックチェーン研究事情を知り尽くした機関とのコネクションが、リップル社の新オフィス運用を助けるでしょう。

たとえばカナダの学生に対し、リップル社は仮想通貨やブロックチェーン技術習得の機会を与えています。
これもカナダでの人材活用を見据えた動きかもしれません。
即戦力を育てるうえで、大学生に複雑な技術を教えるのは、リップル社ならではの戦略でしょう。

以上からリップル社は、カナダの大学との関係性を生かしながら、新技術開発を進めていきそうです。
 

弱気相場でもリップル社は事業拡大を継続

リップル社の動向は、最近の仮想通貨のトレンドに対する逆行ともとれます。
仮想通貨が相次ぐ暴落を受けて、採用停止や解雇を進める関連事業があるからです。
CoinbaseやCrypto.com、BlockFiなどでも人員削減がありました。

しかし以前から世界中の機関と提携を結んできたリップル社は、その勢いを弱めません。
長期的なイノベーションや、顧客貢献につながる才能がある人材の獲得を目的としているからです。

今は仮想通貨業界においてネガティブなニュースが相次いでいます。
しかしリップル社は目先の窮状に一喜一憂せず、長期的なビジョンを見据えているのでしょう。
 

まとめ

リップル社がカナダでの新オフィス設立を発表しました。
新しいオフィスの運用に向けて、人材採用計画も明らかになっています。
その目的は技術開発体制の強化です。

仮想通貨業界では事業縮小の動きも出るなか、リップル社の強気姿勢は衰えません
長期的な成長のビジョンを持っているからです。
今後もリップル社は積極的な動向により、ポジティブな話題を提供し続けるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.