山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

投稿日:

米注目のスタートアップであり、デジタルIDを手掛ける「シビック」CEOが短期的な相場の見解を示しました。

同氏によると、ビットコインは3000ドルを下回る可能性もあるとのことです。

要点

・ビットコイン3000ドルが再び焦点に
ビットコイン3000ドルは、2017年からのサポートであり、チャート上では非常に重要な節目です。シビックCEOはこの水準を割り込み、価格がさらに下落する可能性にも言及しています。

 ビットコインが3000ドルを下回る!?

暗号化市場は短期的には回復しません。自由市場における心理的要因の力を過小評価しないでください。生活は最も大切なものです。

シビックCEOヴィニー・リンガム氏は海外メディア「cheddar」で短期的な相場の見通しを発表。

直近でビットコインが3000ドルに到達する可能性が高いと述べました。

さらに、3000ドルの安値をつけた際、さらに相場は下落する可能性があるともコメント。

しばらくの間下落トレンドが継続するかしれないと述べました。

14日現在で、ビットコインは再び3000ドルの安値(対円で32万円~33万円付近)にトライしていようとしているので、リンガム氏の見通し通りになるか注目となりそうです。

同氏は、昨年11月の暴落の際、今後半年間は相場が300ドルから5000ドルのレンジになると慎重的な予想を発表していました。

今のところその予想は的を得ているものとなっているので、なお注目となるでしょう。

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

 

ビットコイン3000ドルの重要性

ビットコイン3000ドルは、リンガム氏個人だけではなく、チャート上で中長期的に重要な節目であり多くの投資家が注目しているラインでもあります。

ビットコインドル 日足 2017年8月~

上記のチャート通り、3000ドルは2017年8月から1年6ヵ月以上続いている長期的なサポートになっています(チャート赤い線)。

仮にこのサポートを割った場合、チャート的には下落トレンドが継続と判断でき市場のセンチメントは悪化するのは間違いありません。

ただ反対に重要なサポートな以上、一定の買いが入り反発する価格でもあります。

先週半ばから、ビットコインは再び下落しており、まだ十分に回復できたとは言えないので、しばらくの間は3000ドルという節目の価格帯が意識される展開が続きそうです。

 

まとめ

先週半ばからビットコインを筆頭に、仮想通貨市場全体が再び軟調な展開となっています。

シビックCEOが指摘するように、しばらくの間は3000ドルをトライするのか、その価格で反発できるかが重要なポイントとなるでしょう。

アルトコインに関しても、ビットコイン3000ドルが決壊すれば全面安になる可能性が高いので、市場のバロメーターとして注目しておいた方がよさそうです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.