山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【10/29】今週の仮想通貨市場はどうなる?相場が「いつ」「何で」動くかが最大の焦点か

投稿日:

仮想通貨市場は週末も硬直状態の展開となりました。

今週の相場の注目材料とポイントをまとめました。

要点

・「いつ」「何で」動くのか
相場が動く材料は多くあるものの、市場はまったくそれを反映していません。なので、直近は価格が上昇する・下落するというよりも「いつ」「何で」動くの方が注目されています。

 今週以降も指標であるビットコインのレンジに注目か

ビットコイン円 日足

今週以降も引き続き、市場の指標となるビットコインの価格推移に注目でしょう。

このブログで何度もお伝えしていますが、ビットコインは9月から下値68万円・高値76万円の約8万円幅のレンジでの推移が継続しています。

アルトコインも含め、上昇トレンドに乗るにはこのレンジ上限、つまりビットコインが76万円を突破するのがひとつのポイントになります。

また、年初来のサポートである68万円~65万円も引き続き意識されるので注目でしょう。

リップルなどの主要なアルトコインはビットコインより比較的ボラティリティーがありますが、相当特別な材料がない限り、新高値更新は難しい相場となりそうです。

 

今週の相場を動かす材料

相場を動かす材料や注目の材料は下記です。

・Bakktの動向
・ビットコインETFの動向
・テザー・ビットフィネックス疑惑の動向
・中間選挙へ向けた米国株式市場の動向
・各国の規制動向

上記の中でも注目なのが、先週から大幅に下落をしている米国株式市場の動向です。

11月6日の米国中間選挙で相場が動き出す!?これまでのダウの値動きと仮想通貨市場の相関関係まとめ!

今のところ、仮想通貨市場に影響はありませんが、過去にはダウと相関して相場が動いたこともあったので、今週も米国株式市場の動向とその相関関係はひとつの注目ポイントとなるでしょう。

特に、6日には米国中間選挙が控えており、直近で米国の株式市場は、仮想通貨市場よりも大きなボラティリティーで動いています。

その他は引き続き、BakktやビットコインETFを中心とした各国の規制動向に注目でしょう。

仮想通貨規制に関しては、先週FATFの世界基準の仮想通貨規制策定が発表されて以降、足元では規制に関して前向きな報道が目立ち始めています。

なので、今週以降も、規制に関する新しい材料にも期待したいところです。

今月は、Fidelityの参入が大きな話題となりましたが、規制が明確化することによる大手金融機関の仮想通貨市場参入も引き続き注目です。

2017年は年末いつ頃から価格が上昇し始めた?チャートで価格推移を分析!11月は価格が動き出す?

 

まとめ

硬直状態に陥っている仮想通貨市場ですが、激しいボラティリティーで下落するよりかは「安定している」という指摘も専門家から指摘されています。

なので、価格が下落していないうちは、トレーダーにとっては退屈な相場ですがそこまで悲観する必要もないでしょう。

直近では、規制に関して前向きな報道が出始めているので、相場が動くような新しい材料にも期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.