山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインで低ボラティリティーが続く相場は暴騰の前兆現象!?2人の専門家の見解まとめ!

投稿日:

仮想通貨市場は硬直状態が続いており、ついに先日ビットコインが1年半ぶりの低ボラティリティーを記録しました。

しかし、相場のこのような状況を専門家は前向きに捉えているようです。

要点

・低ボラティリティーは底固めのサイン?
ブルームバーグのアナリストは、足元のボラティリティーが低い相場を「底固めのサイン」と分析。前向きな見解を示しています。

ブルームバーグアナリスト:低ボラティリティーは底固めのサイン

ビットコインの相対的な静けさは、それが底を見つけていることを意味するかもしれません

ブルームバーグのインテリジェンス・アナリスト、マイク・マクグローン氏は、足元の低ボラテリティー(低い変動率)の相場は、投機的な投資家が去り、底値を形成しているサインと分析しています。

このことは、仮想通貨アプリ「プルートス」のダニアル・デイチョパンCEOも指摘しており、投機的な動きがなくなることで、市場が成熟するとの見解も述べています。

ここ最近は、規制の変化や長い価格低迷により、市場の構造が変化してきていると一部で指摘されています。

それは、2017年の投資家が去り、機関投資家といった新しいマネーが流入しているということです。

市場の取引全てを把握することはできませんが、マクグローン氏が指摘するように、足元の低ボラテリティー相場は決してネガティブなものではないのかもしれません。

 

ファンドストラッド社ロブ・スライマー氏:長いレンジ相場はテクニカル的に前向き

また、ファンドストラッド社アナリスト、ロブ・スライマー氏は、長いレンジ相場はテクニカル的に前向きと分析しています。

これは、長いレンジ相場により、すでに今年の下降するトレンドラインなどをブレイクしたことから、チャートを使って分析する多くのアナリストが指摘していることです。

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

ただし、スライマー氏は、上昇トレンドに転換したわけではないとの見解も示しています。

同氏は、チャート上の上昇トレンド転換は、9月の高値を超える必要があると分析。

こちらも、以前から注目されているビットコインのレンジ上限(76万円付近)です。

要するに、チャート分析では、引き続き76万円(6800ドル)の突破が重要になってくるということですね。

 

まとめ

このように、多くの専門家は足元の低ボラテリティー相場を前向きに捉えています。

確かに、価格が下落しないうちはあまり悲観的になることもないようです。

しかし、仮想通貨を取引きする人にとっては、動かない相場が退屈なのは間違いありませんね。

マクグローン氏の指摘によれば、現在は底を形成している途中とのことなので、引き続きビットコインが76万円を突破するのに注目しつつ、上昇トレンドの転換を期待したいものです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.