山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

仮想通貨市場がわずかに下落!いよいよ相場が動く? 10/30ビットコイン・リップルチャート分析

投稿日:

29日の夜頃から仮想通貨市場は下落、今まで硬直していた相場に動きが出始めました。

今後、再び硬直状態に入るのか、あるいはボラティリティーが高まっていくのかに注目でしょう。

要点

・動かない相場
9月よりビットコインは6000から6800ドルのレンジを抜け出せない展開に。仮想通貨市場が硬直状態に陥っていることはメディアでも話題になっていました。

 ビットコイン・リップルチャート分析

ビットコイン円

仮想通貨市場は、10月18日以降、久々に大きな動きをみせました。

29日は、20時頃より価格が下落し始め日を通してはおよそ2%の下落、アルトコインも下落する展開となりました。

ただ、久々に動いたとはいえ、ビットコインは6000ドル~6800ドルのレンジを抜けだしていません。

なので、結局はレンジの推移だったと分析することもできます。

XRPUSD 日足

XRPに関しても、本稿執筆時点では、0.44ドルのサポートを維持しています。

また、XRPはビットコインよりもボラティリティーが高いため、仮に0.44ドルのサポートを維持できなくても、次に0.37のサポートが控えています。

チャート上ではまだ悲観的になる必要はないでしょう。

総じて、仮想通貨市場はまだレンジ内の推移ということができます。

しかし、久しぶりにボラティリティーが高い動きとなったので、今後この動きが継続して相場が動くのかはひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

引き続きダウの動きには注目か

ダウ日足

仮想通貨ではありませんが、29日のダウは続落。

以前からこのブログでもお伝えしていますが、仮想通貨とダウの相関関係は不明です。

しかし、このままダウが下落していくようだと、仮想通貨市場も下落する可能性はあります。

直近では、下落の動きが続いているので、引き続き世界の株式市場の動向と仮想通貨市場の相関関係に注目でしょう。

また、6日には中間選挙も控えており、引き続き米国株式市場はボラティリティーが高く推移することが予想できます。

11月6日の米国中間選挙で相場が動き出す!?これまでのダウの値動きと仮想通貨市場の相関関係まとめ!

仮想通貨市場に特段、新しい材料がなければ、しばらくの間は既存の金融市場の動向にも目を向けたいところですね。

 

まとめ

29日の仮想通貨市場は動いたものの、変動率は以前の相場と比べたら低いといえるでしょう。

また、ビットコインは相変わらずレンジ内での推移が続いているため、引き続き6800ドルのレジスタンス・6000ドルのサポートどちらに抜けるのか注目したいとことです。

また、しばらく動きがない相場でしたが、ここから動き出すのかも注目されます。

世界の株式市場の動向を注視しながら、仮想通貨市場の相関関係にも注目したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.