山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

【初心者入門】仮想通貨の投資の始め方を紹介!マイニング・銘柄・種類とは?

投稿日:

仮想通貨に投資をする大まかな流れを把握しよう

仮想通貨を使った投資、資産運用を行う人も増えてきています。

仮想通貨の投資初心者・未経験者は、為替を使った運用のFXに近いものと思ってもらえればイメージしやすいでしょう。

日本円などの現実世界の通貨を使って、仮想通貨を購入します。購入する際には一定の為替レートがありますので、そのレートに基づき注文金額が決まります。

もしその仮想通貨の価値が上昇したら、そのタイミングで売却すれば利ザヤを稼げます。ちなみに仮想通貨は現在世界中で1000種類を超えると言われています。

仮想通貨同士のトレードもでき、そこで利益を得る方法もあります。

仮想通貨の売買をするにあたって、取引所が世界中にあります。この取引所を介して、仮想通貨のやり取りをするのが一般的です。取引所は誰でも利用できますが、まずは登録しなければなりません。

パスワードなどのログイン情報を設定して、銀行もしくはコンビニで取引所に入金します。この入金が反映されれば、後はいつでも好きなタイミングで注文ができます。

注文方法もそれほど難しくはありません。自分が購入しようと思っている仮想通貨の銘柄を指定して、どれだけの数量購入するか指定します。

そして決定ボタンを押せば、取引手続きは完了します。持っている仮想通貨を売却する場合でも流れはほとんど一緒です。

どの通貨をどのくらい売却するか指定して、決定ボタンを押します。パソコンの他にもスマホのアプリを使ってトレードできる取引所も少なくありません。

外出先のちょっとした時間を使って、スマホでチャートをチェックすることも可能です。

 

初心者への入門編・仮想通貨の種類と銘柄

仮想通貨の初心者の入門編として、基本的な用語を理解しておくと良いでしょう。仮想通貨で投資をするにあたって、どの通貨をベースにするか決める必要があります。

この時種類とか通貨といった言葉がよく使用されます。

種類も銘柄も同じようなものとして解説しているサイトもありますが、銘柄は個別の通貨の種類、種類は運用するシステムのカテゴリーと使い分けるケースも見られます。

仮想通貨のシステムの種類を見てみると、ブロックチェーンを使ったオンライン決済システムを導入しているものが主流です。

仮想通貨の世界の基軸通貨と言われるビットコインという銘柄は、まさにこのブロックチェーン技術を採用しています。

簡単に言えば世界中のコンピューターを使って、記帳などのシステム管理を行うスタイルです。匿名性・自由度が高いですが、複雑なシステムとなりがちで、仮想通貨の投資初心者にはわかりづらい所があります。

ビットコインの場合、特定の誰かが通貨を管理しているわけではありません。

しかし仮想通貨の中には、管理者・運用者を特定しているものもあります。代表的な銘柄としてリップルコインがあります。

管理者が決まっている場合、どこのだれが運用しているか、何か問題が起きた場合に責任の所在がはっきりするので、その意味では安心感があります。

しかしその一方で利用するにあたって本人確認の手続きが必要など、煩雑で制約も生じる所がデメリットと言えるかもしれません。

 

今後高い注目を集めると言われているのが、プラットフォーム型の仮想通貨です。

プラットフォームを持っているのがこの種類の特徴で、ブロックチェーン2.0と言われるプラットフォームを導入している銘柄も実際いくつかあります。

その中でも代表的な銘柄として、イーサリアムやDAO・NEMといったものが見られます。

ベイジアコインというアジアで流通するのを目的とした銘柄もあるのですが、こちらもプラットフォーム型の種類の一つになります。

 

仮想通貨の中には、ビットコインのようなメジャーな銘柄もあれば、ほとんど一般では知られていないようなマイナーな銘柄もあります。

マイナーな銘柄の場合、今後も運用が続くかどうか見通しは不透明です。また取引量があまり多くないので、急騰することもあれば、暴落することもあり得ます。

仮想通貨投資の初心者にとってはリスクが高すぎますから、安全な運用を希望するのであれば、ビットコインに代表されるようなメジャーな銘柄をベースにして投資を進めていきましょう。

ビットコインであれば、短期間で大きく値を下げるようなリスクも比較的低いからです。

 

初心者への入門編・仮想通貨とマイニング

仮想通貨の初心者への入門編として、無視できないワードにマイニングがあります。

マイニングとは英語で「採掘」という意味合いがあります。日本円やアメリカドルのように中央銀行が紙幣を発行するわけではない仮想通貨の場合、新しいコインの発行は、それはネットワークシステム上で行われます。

例えば仮想通貨のやり取りが発生した場合、その履歴情報はシステム内のコンピューターの中で記録が保持されます。

このコンピューターシステムの中に自分のコンピューターを参加させることは可能です。これがマイニングと言われる行為です。

マイニングをすることで、まず仮想通貨のやり取りができるようになります。

そしてネットワークの中に入って、暗号化や取引履歴の記録に参加すると報酬としてコインが発行されます。このコインが仮想通貨の新しい発行と同じ扱いになります。

マイニングに参加することで、仮想通貨のコインを増やし、それを売却することで利益を手にできるかもしれません。

ただしこのマイニングによって、新規通貨を発行してもらう行為ですが、どこまでも利用できるものではありません。

実は仮想通貨のほとんどの銘柄で、発行できる総量の上限を設定しています。ちなみにもっともメジャーな仮想通貨と言われているビットコインの場合、最高2100万コインまでと決められています。

2016年の3月あたりの段階で、市場に出回っているビットコインは1500万コイン程度と言われています。

ということは、マイニングに参加することでまだ市場に出回っていない600万コインを獲得できる可能性があるわけです。

しかしこのマイニングは、初心者がいきなり参加して報酬がもらえるほど生易しいものではありません。

とにかく履歴をいち早く記録しないと、報酬が手に入らないからです。このためにはスーパーコンピューターのような迅速に計算処理できるようなデバイスが必要です。

実際ビットコインを例にとると、個人でマイニングをしているのは少数で、設備に恵まれた企業が中心と言われています。

まずは仮想通貨を手に入れるために取引所に登録しましょう。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨の購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨の仕組み

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.