仮想通貨の仕組み

マイナー投げ売りで市場反転のサイン!?過去10回の貴重なシグナル出現か

投稿日:

海外アナリスト、ジョニー・モー氏によると、直近でマイナーの投げ売りサインが出ているとのこと。

過去10回しか出ていない珍しいシグナルであり、市場が反転する可能性があるそうです。

要点

・年明けの市場反転に注目?
直近ではモー氏以外にも多くの専門家が市場反転を指摘しています。それを踏まえれば、モー氏の指摘も一見に値するものであり、今後の相場も注目となりそうです。

 マイナー投げ売りで市場反転のサイン!?

そして、それを、マイナー降伏完了信号(30dハッシュレートSMAが60dハッシュレートSMAを超える)が、 ビットコインでは歴史上は10回目になり、興奮しました。ここでの要約:

モー氏は上記のツイートで、直近でハッシュレートの30日移動平均線が、60日移動平均線を上回ることを指摘。

これは、過去マイナーの投げ売りサインになっていたと指摘し、市場の反転が近づいているとのことです。

簡単にいうと、価格が低迷すると中小マイナー達の採算がとれなくなり、ビットコインを売るという構造です。

そして、ビットコインの歴史において、中小マイナーが廃業して弱気相場が長く続いたタイミングが市場の底になってきたということです。

同氏によると、このシグナルは11年以降で10回目となり、珍しいシグナルとのことです。

 

年明けの相場動向に注目?

既報の通り、同氏は他にも年明け40日間でビットコインは高値・安値を更新してきたと指摘。

年明け「40日間」に価格が大きく動く!?海外アナリストが指摘!

また、モー氏の指摘以外にも多くの専門家があらゆる分析方法でトレンド転換の指摘をおこなっています。

年明けは市場の上昇に注目!?トレンド転換を指摘する2社・4名の見解まとめ!

今回のマイナーの投げ売りシグナルも含め、これらを踏まえるのであれば、年明けから1月いっぱいまでの相場動向はかなり注目となりそう。

また当ブログで何度もお伝えしていますが、ビットコインおよび仮想通貨市場が11月末から長いレンジ相場が続いているので、トレンド転換にはレンジブレイクが必須に。

年明けの相場動向に関しても、まずはビットコインがレンジをどちらにブレイクできるかに注目したいところです。

 

まとめ

海外アナリスト、ジョニー・モー氏によると、直近でマイナーの投げ売りサインが出ているとのこと。

それは、ハッシュレートの30日移動平均線が、60日移動平均線を上回ることが示唆しており、これまでに10回しか出ていないシグナルとのことです。

このブログでも何度もお伝えしていますが、直近ではモー氏以外にも多くのアナリストがトレンド転換を指摘しているので、年明けの価格動向は引き続き注目です。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.